心療内科に行ってきました

最近のあまりにもネガティブなブログの内容に、いろんな方にご心配をおかけしました。


申し訳ないです。


僕は双極性障害況燭箸い辰董気分の浮き沈みは少ない方だが、どちらかというと鬱な気分が緩やかに持続し、まれに躁で気分が上がる。ストレス耐性が弱くなっているのでネガティブに考える傾向があり、なるべく落ちないように薬で調整している。


今日は、月に一度通っている心療内科に行ってきた。薬のおかげが、あまり鬱な気分が続いたり、ひどく落ち込むことは最近ではなかったので、3週間ほど前から鬱な気分が続いていること、ひどく落ち込むというよりは、仕事のことなどでいろいろ悩んでいることなどを先生に話した。心療内科に行ったことがある人ならわかると思うが、こちらがいくら落ち込んでいても、先生の対応は、すこぶる冷たい。というか、たぶん先生は普通に対応しているのだが、こちらは先生に助けてほしい気持ちなので、あまりにも事務的な先生の対応に絶望することもある。先生は、病気を治すのが仕事であって、お悩み相談に付き合ってくれるわけではないのだ。僕がうつ病になって初めて心療内科に行った時も、先生の冷たい対応に愕然としたのを覚えている(しかし、調子がよくなってくると共に、その先生がすごくいい先生であることがわかった)。


自分でも、普通の鬱とは違うことは自覚していたので、臨床心理士のカウンセリングを受けたい旨を先生に話をした。先生も、鬱というよりは、心の整理が必要だということで、カウンセリングを勧めてくれた。


しかし、カウンセリングは保険適用外なので、かなり高い。一般のカウンセリングだと、だいたい50分で5,000円〜10,000円。そこで先生が勧めてくれたのが、大学に設けられた施設だ。いろんな大学に研究の一環として臨床心理士による悩み相談窓口が設けられており、学生じゃなくても相談が可能だ。なんと言っても相談料が安い。だいたい一般のカウンセリングの半額程度で受けれる。基本、平日が多いが、大学によっては土曜日も対応してくれるところもある。


カウンセリングを受けてみたいと考えている人は、一度検討してもらってもいいと思う。僕も、また大学カウンセリングの様子をご報告します。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others