うつ日記、後悔

10月2日、晴れ。


今日もうつである。と言いたいところだが、かなり、調子がよくなってきた。まだ、本調子ではないが、心がだいぶ軽くなった。躁うつ病の人であればわかると思うが、うつから復活すると、本当に気持ちが軽くなるのがわかる。しかし、せっかくなので、うつの時に僕がどんなことを考えていたかを書きたいと思う。


僕はこれまでの人生であまり後悔はしていないが、ひとつだけ後悔していることがある。輸入家具の会社、インターオフィスを辞めたことだ。以前、僕はインテリアメーカーで営業をしていた。営業先の百貨店で、カッシーナやアルフレックスの家具と出会った。世の中にこんなかっこいい家具があるのかと、衝撃的だった。それから、「室内」や「カーサブルータス」などの雑誌を読み漁った。次第に輸入家具を扱う仕事をしたいと思うようになり、カッシーナやアルフレックスの求人に応募した。残念ながら、いずれも最終面接まで残ったものの、採用には至らなかった。僕は、インターオフィスに求人の問い合わせメールを送った。すると、なんと近々、大阪支店で営業を募集するという返事が返ってきた。それから、僕はインターオフィスのホームページの採用情報を毎日チェックした。そして、メールの返事の通り、大阪支店での採用情報が掲載されると、すぐに履歴書を送った。面接の時、あまりにも履歴書が届いたのが早くて驚いたと、当時の支店長が語っていたのを覚えている。


インターオフィスは、最高の職場だった。輸入のオフィス家具を扱っていたので、オフィスはめちゃくちゃオシャレだった。仕事もとても楽しかった。しかし、仕事はハードで、最終電車まで仕事することも度々だった。深夜にタクシーで帰ったり、会社に泊まることもあった。土日は納品で休めなかった。代休など取れるはずもなかった。そして、僕はうつになり、2ヶ月休職した。復職した時、僕はかなり元気になっていた。しかし、おそらくこの時すでに、僕は双極性障害になっていたのだろう。がむしゃらに働くのが馬鹿馬鹿しくなっていた。仕事をセーブするようになって、営業成績も落ちていった。しかし、躁の症状が出ていたのだろう、僕は、会社や上司に反感を持つようになった。自分はもっと評価されていいはずだ、この会社で働いている人はロクな人がいないなどと考えた。



そして、僕はついにインターオフィスを辞めた。



あれほど憧れていた輸入家具の仕事を自ら手放した。



未だに、なぜ辞めてしまったのか?、もし続けていたら?という後悔の念が心を支配する。


しかし、もうあの時に戻ることはできない。今が充実していれば良いのだが、今が苦しいだけに、更に後悔の念が心を締め付ける。


もうあの時に戻ることはできない。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others