なにもかも終わればいい

昨日、就職相談に行ってきた。


別に転職を考えているとかそういうことではないが、いろいろ思うところがあった。僕はふたつの障害がある。双極性障害と音声障害。この障害に対して理解してもらったうえで、さらにこれまでのキャリアを仕事に活かすことができないか?と考えていた。


今の工場での仕事が単純作業で、これまでのキャリアを活かせていないこと、営業から工場勤務に異動になった際、給料が下がり生活が厳しいことなどを話しした。相談員の口から出た言葉は厳しいものだった。声が出なくなって、営業から工場に異動になるのはやむを得ない、それで給料が下がるのも仕事内容が変わるので仕方がない、障害者の場合は契約社員での雇用がほとんどなので、正社員として雇ってもらえているだけでもありがたい、もし転職しても、声が出ないということでこれまでの営業でのスキルは活かせないので、収入は確実に下がる。。


僕は障害を言い訳にしているけれど、そもそも僕のポテンシャルが低いと言わざるを得ない。双極性障害と言っても、服薬で安定しているし、声もまったく出ない訳ではないので、病気をきっかけに会社から「使えない」と判断されたのだ。実際、僕の営業成績は悪かったし、ノルマの追求がないことをいいことに怠けていた。そのツケが今になって回ってきたのだ。古い言い方をすれば、僕は「リストラ」をされた。


これまでのキャリアが活かせない?ちゃんちゃらおかしい。もともと大したキャリアを積み上げて来なかったのだ。趣味の骨董もまったく売れないし、SNSでもいいね!はまったくもらえない。このブログも1000人目指す!とか言いながら、むしろあれから読書は減っている。ウケるwww


これまでいろんなことを考えて、やってきたけど、もともとポテンシャルが伴っていない。その事に10年近く気付かずに続けてきた自分が情けないし、恥ずかしい。インターオフィスでコツコツと営業に精を出していればよかったのだ。サラリーマンとして。変に色気を出すからボロが出る。インターオフィスを辞めた時点で、何かがボロボロと崩れていった。


もう、このブログも何もかもやめてしまおうか。ovest designもFacebookもInstagramも。誰にも求められていないし、必要とされていないし、線香の煙が消えるように、ひっそりと消えてしまいたい。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others