社会的弱者のためのオンラインサロンを作りたい

来年に迫った東京オリンピックに向けて、徐々に盛り上がりを見せている。


最近では、オリンピックと一緒に開催される、パラリンピックも注目を集めるようになった。パラリンピックと言うと、多くの人が「障害者の為のオリンピック」という認識を持っているかもしれないが、厳密にはそうではない。例えば、聴覚障害者や精神障害者は参加対象から外れている。その理由は、詳しくは調べれてないんだけど、すべての障害者が参加できるわけではないのである。ただし、聴覚障害者のためのオリンピック、デフリンピックや、知的障害者のためのオリンピック、スペシャルオリンピックスというのも開催されているようだ。


僕はパラリンピックについて、少し違和感を感じている。パラリンピックについてというよりも、パラリンピックを取り巻く環境についてかな。オリンピックに比べるとパラリンピックは報道など、あらゆる面で取り上げられる機会が極端に少ない。正直、僕もオリンピックに出るような選手の名前は、有名な人なら何人か知ってるけれど、パラリンピックに出る選手となると、まったく知らない。それに、パラリンピックに出れるような人はすごいと思うけれど、圧倒的に出れない人が多い。それだったら、オリンピックも同じしゃないか、と思うかもしれないけれど、健常者はオリンピックに出れなくても、仕事や趣味で活躍の場はいくらでもあるが、障害者の場合はそうではない。


それと、もうひとつ。障害者の規定について。障害者と一口に言っても、何をもって障害者というのか?これは、ざっくり言うと、障害者手帳を持っているかどうかだと思う。僕は双極性障害で精神障害3級の障害者手帳を持っているけれど、反回神経麻痺に関しては、障害者手帳の申請は通らなかった。極端な例で言うと、視力が0.1の人は裸眼ではほとんど見えていないけど、障害者にはならないし、認知症や病気で車イスを使わざるを得ないような人も障害者手帳の対象にはならない。ざっくり言うと、病気が原因で何かしらの障害がある人は、障害者手帳の対象にならない場合が多い。


と、ここまで書いて長くなりそうなので、この続きは次回。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others