トラペジウムとニムロッド

人生は選択の連続である。

進学や就職、結婚など人生の大きな局面での選択もあれば、今日何着て行こうとか今日のお昼何食べようみたいな日常の選択もある。人は1日に選択できるキャパシティみたいなのが決まっていて、そのキャパシティを超えると正確な判断ができなくなるらしい。選べるというのは贅沢なことだけど、いい仕事をしようと思えば、できるだけ選択する要素は少ないほうがいい。有名な話では、スティーブ・ジョブズなんかは毎日同じ服を着ているけれど、あれなんかも、「服を選ぶ」という無駄な思考を省いていると言える。そういう意味では、今の社会は選択の要素がとても多くなっている。ネットやスマホの普及で、嫌でも情報が氾濫しているし、スマホをいじっているとそれこそ選択で頭をフル回転させているみたいなものだ。

僕の場合は、基本的に選択しない生活を送っている。朝昼晩のご飯は、全て嫁さんが作ってくれたものを食べているし、服は着る順番を決めている。空いてる時間はほとんど本を読むことにしているし、本当に仕事以外は選択することがない。

僕が好きな読者も、最近では本を選ぶという行為をなくしている。ブクログというアプリを入れていて、そこに表示される「話題の本」を、図書館で片っ端から予約する。予約した本が届いたら図書館に取りに行くだけ。この本はおもしろそうだなとか、この本のレヴューはどうだろうとか、まったく考えない。

この方法は、自分の興味のない本に出会えるというメリットもあるけれど、たまに失敗するデメリットもある。この前は、立て続けにくだらない本を読むことになってしまった。トラペジウムとニムロッド。トラペジウムは乃木坂46のメンバーとやらが書いた小説で、これがまったくつまらない。主人公がアイドルになるまでの過程を書いてるんだけど、まさに、過程を書いてるだけ。話に起伏も盛り上がりも奇想天外な展開もなくまったくつまらなかった。後からアマゾンのレヴューを見たら、やたらレヴューが高かったけど、ファンが読んでるんだろうか?ニムロッドは、芥川賞を取ったらしいけど、話がいろんな方向に飛んでいて、結局何が描きたかったのか理解できなかった。芥川賞を取ってるくらいだから僕の理解不足かもだけど、こちらも後からアマゾンのレヴューを見たら、賛否両論だった。

乃木坂と芥川賞。まあ、確かに「話題の本」ではあるわな。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others