双極性障害について

これまで何度か、僕が双極性障害であることをお話ししてきましたが、改めて双極性障害について書こうと思います。

双極性障害とは、躁うつ病とも言われ、気分がよく、派手な行動や言動が続く躁の状態と、いわゆるうつ病のように極端な落ち込みが続くうつの状態を繰り返す為、うつ病といっしょにされがちですが、双極性障害とうつ病はまったく違う病気で、処方される薬も違います。

僕が双極性障害を患ったのは今から15年近く前になります。当時はうつの症状が出て、病院でも抑うつ状態と診断され、しばらくはうつ病の治療をしていました。7年ほど前に双極性障害と診断されましたが、僕のように初めはうつ病と診断され、その後双極性障害と診断されるまで平均で7.5年ほどかかると言われています。

症状としては、躁の時は、基本的に気が大きくなります。僕の場合は、例えば電車に乗っていてマナーの悪い人がいたら睨み続けたり、友達や同僚に対しても攻撃的になって相手を非難したり、金遣いが荒くなって大きな買い物を平気でしたりといったことがありました。思えば僕が輸入家具の会社を辞めた時も、自分が正しい、会社のやり方に納得いかないといった考えが頭を埋め尽くし、結果、会社を辞めることになりましたし、おそらく僕が双極性障害になってから、敵を多く作って、僕と距離を置くようになった人も多いと思います。

僕の場合は、まだ症状が軽く、症状の重い場合は、離婚、失業、浮気、借金、最悪の場合は自殺などにつながることになり、日常生活に異常をきたすことになります。

僕の場合は、自分が双極性障害であることを認識しているので、ある程度は自分の気持ちをコントロールできますが、それでも、十分にはコントロールしきれません。躁の時は、人を傷付けるようなことや、人を不快にすることを平気で言ってしまったり(言わないと気が済まなくなる)、勢いだけで行動したり、うつの時は、人生に対する後悔や劣等感でひどく落ち込みます。僕の気持ちの浮き沈みが激しいことは、僕のブログを定期的に読んで頂いている人であれば理解できるのではないでしょうか?

僕が双極性障害であるということを分かっていても、僕の周りの人は何かしら影響があるので、次第に僕と距離を置くようになります。それは、家族であっても同じことで、僕の気分の浮き沈みに付き合うことに疲れてしまいます。うつの時は、自分が躁の症状の時のことを思い出して自分が嫌になり、人が自分と距離を置くことが分かるので、それに対してまた落ち込むという負のローテーションにはまります。

実は最近、極端にうつになり、今日、病院に行ってきました。典型的な双極性障害の症状で、まずは薬を変更して様子を見るとのことでした。基本的には薬で治すそうです。治すと言っても、双極性障害は治らないと言われていますので、薬で気持ちの浮き沈みを調節するしかありません。僕はあまりに辛いのでカウンセリングを希望しましたが、僕の行っている病院はカウンセリングをやっておらず、カウンセリングは医療行為ではないため、基本的に保険適応外であると言われました。ネットで調べたらカウンセリングは1回1万円近くかかるので、経済的にも余裕がなければできません。病院の先生からは、大学の学生相談室の利用を紹介されました。学生相談室でも学生以外が利用できるところもあり、ちゃんと臨床心理士や精神科医の人が対応してくれるようです。ただし、学生相談室は平日しかやっていない為、会社を休まなくてはいけないなどの問題もあります。

先生から典型的な双極性障害の症状と言われ、今は気分が落ち着いています。学生相談室については、先生のほうで調べてくれるみたいです。しばらくは薬を飲んで様子を見てみます。


コメント
MK様
37年ですか。。。辛いですね。
僕も躁と鬱の差が激しくて疲れます。
カウンセリング、ご紹介ありがとうございます!僕は関西なので、なかなか難しいかもですが、カウンセリングは一度行ってみたいと思っています。
  • 管理人
  • 2019/05/20 7:30 PM
私も37年間同じ「病」と闘病しております。
確かに1時間1万円は高額なのですが、本当に価値のあるカウンセリングでしたら月に一回だけでもお勧めします。
http://www.azaminoshinri.net/index.html
こちらの岩倉先生は何人ものカウンセラーを試してみて、最終的にたどり着いたカウンセラーです。
予約は取りづらいですが、一度お会いしてみてはいかがでしょうか。

躁うつ病は「病」と呼ばれておりますが、個性でもあります。
鬱の時はなかなかそうは思えないですが、自分の個性として一生末長くよろしくね、というスタンスで付き合っていくことをお勧めします!

(どこの骨董品よりも素敵なセレクトなので楽しみにしております)
  • MK
  • 2019/05/20 2:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others