謎のアイデア集団の巻第2話

ほんでもって、謎のアイデア集団の話。2回目。今日は、どういうワークショップだったかを書こうと思う。

最初に松倉さん(株式会社ぬえの代表であり、このワークショップの主催者)から、アイデアの出し方について説明がある。アイデアの出し方、誰でもアイデアを出すことができること、アイデアを出し合う時のポイントなど。ひと通り説明が終わると、さっそく今日のテーマの発表。プロジェクターに数字が現れる。6420000トン。これがなんの数字かというと、年間に日本で廃棄される食料品の数字。飢餓で苦しむ人々のために世界中から援助される食料品が年間320万トンだから、その倍近くの食料品が日本では捨てられていることになる。これは、世界ワースト1位らしい。今回のワークショップのテーマは、日本の食品廃棄率を下げる方法を考えてください、という内容。

まずはマインドマップを作成する。真ん中に「食料」と書いて、それから連想されるキーワードを数珠つなぎで書いていく。思いついたらどんどん書いていく。例えば、食料→ファミレス→禁煙席→タバコといった感じ。今度は「食料」と対極にあるキーワード、「飢餓」のマインドマップを作っていく。

次にマインドマップで出てきたキーワードをつないで、新たな気付きを得る。アイデアに興味のある人が集まっているだけあって、さかんに意見が出る。僕は、すぐに意見を出せないタイプだと気付かされた。他の人が言った意見に対し、その意見をよく咀嚼して考えてしまう。否定するわけではなくて、その人がなぜ、そのような意見に至ったのか?、その人の意見は、どのようなことを意味するのかをじっくり考えてしまう。次々と意見を出すみんながすごいなと思う。そういえば昔からそうだった。小学校、中学校の時も、みんながAだ!と言ってる時も、ほんとにAだろうか?Bの可能性はないだろうか?と考えてしまう癖があった。中には、すぐにスマホで調べて意見を言う人もいる。そういう時代だなぁと思った。

最後にチームで意見をまとめてアイデアシートを作成し、気に入ったアイデアシートにシールを貼っていく。たくさんシールを貼られたアイデアを順番に順位を付ける。僕は野菜くずで美味しい料理を作ってくれるお店、というアイデアがいいな、と思ったけど、シールが集まったアイデアは、無駄にした食品の量だけの化石が家に届く、とか、お腹がいっぱいになった人にしか聞こえない音楽が聞こえる、とかだったけど、僕の中では、これらはないな、というアイデアだった。性格がマジメすぎるのだろう。アイデアが面白いかどうかではなく、そのアイデアが効果があるかどうか?を考えてしまう。僕は以前、アイデアは国民を救えるか?というブログを書いたけど、アイデアは直接問題解決するのではなく、気付きを与えることが大事だと松倉さんは言ってた。

おもしろい!と思えることは大切。それがきっかけで気付きを与えるから。でも、僕は目の前の問題を解決したい。マジメか!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others