人生の頂点

今年で49歳になる。

いつまでも若いつもりが、もう還暦前のオッサンになってしまった。

僕は30代の頃から、50歳で人生の最高潮を迎えるように人生設計をしてきた。いろんな占いで大器晩成型と言われてきたし、ちょうど30代の頃にやりたいことが見つかって、とりあえず、そのやりたいことに向かって転職し、40代で実績を積んで、50歳で公私共にスーパーサイア人のように覚醒する予定だった。お洒落なジャケパンに身を包み、ロマンスグレーの髪を短く刈り込み、行きつけのバーでウォッカを嗜み、週末はサーフィンを楽しむ。30代当時の僕は、仕事もプライベートもとにかくスマートで完璧にこなすのが理想で、覚醒するまで50歳までかかるだろう、いや、50歳だからこそ漂う男の色気みたいなものに憧れを持っていた。当時読んでいたLEONの影響も大きい。あぁ、ちょいワルオヤジ。

実際には紆余曲折があって、思い通りにはいかなかったけれど、今は来年の50歳に向けて順調に歩んでいる。今年から任された今の仕事はとても面白いし、プライベートも充実してきている。このまま順調に進めば、来年の50歳は、本当に最高の50歳を迎えれそうだ。僕のイメージでは、50歳が最高潮というわけではなく、50歳から新たな人生が始まるイメージだ。僕の中では50歳からが、人生の醍醐味。まさに、ジローラモ!

今から、来年の誕生日が楽しみでたまらない。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others