大人は泣かないと思っていた

寺地はるなさんの短編小説集。

昔は自己啓発系の本をよく読んでいたが、最近は、小説を読むのが好きだ。自己啓発系の本にも良い本はあるのだが、ハズレも多く、特に自分の自己主張をゴリゴリに押してくる飛び込み営業系は読んでいても疲れる。それに比べて小説は、自分以外の人生を経験できるみたいでよい。確かに小説にもハズレはあるのだが、僕の場合は、ミーハーなので、基本的にベストセラーとか、本屋大賞を取った本とかを読んでるのでハズレは少ない。

話が大幅にズレてしまったが、「大人は泣かないと思っていた」は、登場人物が何人かいて、それぞれの登場人物が主人公になって物語が語られる短編小説。その中の「あの子は花を摘まない」という小説は、40代後半で離婚し、旦那と子供を置いて一人暮らしをしている広海が主人公だ。広海の部屋の隣人は、30代で離婚はしていないが、同棲していた彼氏と別れて同じく今は一人暮らしをしている。広海が隣人と話をするシーンで、はっ!となった。隣人が彼氏と別れた理由を聞かれて、こう答える。

「一緒に暮らしていて、どちらも仕事をしているのに料理を作るのは常に自分だ、掃除も洗濯も自分がやっている、その不満を伝えれば、わかったよ、手伝うよ、と来るわけですよ。おかしいでしょう?自分が住んでる部屋の掃除だし、自分が使ったタオルや自分がはいたパンツの洗濯なのに、手伝うって」と。


言ってる・・・。


嫁さんがバイトを増やすと言った時、嫁さんの体調が優れない時、僕はいつも「手伝う」という言葉を口にしていた。子供が「ママ、お手伝いするー!」とか、仕事の終わらない後輩に「手伝おうか?」と言うのはよい。でも、夫婦は二人で家族を支えていくパートナー。それを普通になんの疑いもなく「手伝う」って言っていた。悪気はない。てか、悪気がないのが、余計にタチが悪い。

嫁に限らず、こういう空気の読めない発言をしてしまうことが僕には往々にある。自己中心、自意識過剰、自分本位のこの性格が人の気持ちを考えない発言となって出てしまう。

それでも、明日には「手伝う」って言ってしまうのだろうな。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others