謎のアイデア集団の話

松倉さんのことを始めて知ったのは、確かDESIGNEAST01の時。

松倉さんがDESIGNEASTのトークセッションで話をしていて、その話を聞いて、なにこの人!めっちゃおもろいやん!、とその話に引き込まれた。まさか、その松倉さんとその後いっしょに仕事ができるなど、その時は考えもしなかったが、それ以来、松倉さんは僕の人生に影響を与え続けている。

松倉さんは、一応肩書きはプランナーになると思うんだけど、肩書きを付けるのが難しいほど、いろんなことをやっている人。企業や学校、公的機関などが抱える問題や課題を松倉さんのアイデアで解決してくれる。

その松倉さんは、ずっとnoteでブログを書いていて、その記事がこれまた期待を裏切らないおもしろさなんだけど、昨日の記事が最高だった。それが、これ。


https://note.mu/sbr/n/n72b4ce726d8a


読んだ瞬間、脳天からつま先にかけて電流が走った。心臓の鼓動が激しくなるのがわかる。このまま、スーパーサイヤ人になるのでは?と思ったよ。それほど衝撃だった。この前のブログで、今、いろんなことで悩んでいると書いたけど、すべての悩みが吹っ飛んだ。結局、僕は悩んでいる訳ではなかったと気付いた。iPhoneが充電されたまま放置されてる感じ?わかるかな。僕は双極性障害だけど、悩んでいると言ってもいつもの鬱状態とは違うのは自分でもわかっていたし、ただ何か物足りなさを感じていた。吐き出したいパワーが溜まっているのに、それを吐き出す術がわからずに鬱々としてる感じ。そう、この有り余るパワーを吐き出したい!それには、打って付けの提案だった。

松倉さんは、副業と書いてるけれど、僕にとっては、お金なんかはどうでもいい。昔からアイデアを出すのは大好きだった。単行本と同じ大きさのノートがあればいいのにと思ってたら無印良品から出たし、ワンカップのワインがあればなぁと思ってたらサントリーが発売した。10年くらい前に、ナンパ目的の男女が集まるバーを考えて、当時難波にできた施設をもじって「なんぱパークス」と名前まで考えてたら、最近、相席居酒屋なるものが流行っている。僕が考えることは、みんなも考えているかもしれないけれど、それを口にしたり、実行に移せる人は少ない。後先考えずに行動に移せるところは、僕のいいところでもあり、悪いところでもある。けれど、今回の松倉さんの提案はワクワクが止まらない。そうだ。松倉さんとの打合せの時は、いつもワクワクしていた。それがいい刺激になっていたし、鬱々と考え込むこともなかった。

同じようなことを考えている人は多いようで、すでに申し込みが殺到しているらしい。僕も0期生になりたい。アイデアを出すのは人種が多いほうがいい。僕には双極性障害で癌のキャリアでもあるという強みがある。僕のアイデアが人を救う。今から考えるだけでもワクワクが止まらない。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others