企画のお仕事

昨年の春から商品部という部署で仕事をしている。

主にカタログを作ったり、ウェブの管理をしたり、たまに商品開発をかじったりする仕事だ。商品部は僕と上司の2人しかいなくて、僕は主にウェブとSNSを担当していた。

ところが、今年に入って、上司が別の部署に異動になった。代わりの人が入ることはなく、商品部は僕1人に。正直、途方に暮れた。と言うのも、上司がやっていた仕事は僕はノータッチだったから、いきなり1人でやれと言われても、やり方が全くわからない。しかも、商品部ではイラレやフォトショを使う機会が多いのだけれど、僕はまだそれらを使いこなせていないのだ。でも、企画の仕事は、僕がずっとやりたかった仕事。変な話、もし僕が病気になってなかったら、僕は今でも営業をしていたかもしれない。人生は、すべてよい方向に進んでいるという話を聞いたことがあるが、病気をして、結果、やりたかった仕事にありつけるとは、まさに、そういうことかもしれない。これは、チャンス!とばかりに、今は仕事に励んでいる。

月曜日に、営業部長から急な仕事の依頼があった。詳細は今は話せないが、なんでも社長と話をして急に決まったらしい。来週頭までに資料をまとめて欲しいと言われ、「わかりました!」と安請け合いをしたが、1日で資料を作った。簡単な企画書を作って、公式サイトに貼るバナーと広告用のバナーを作って、企画書の裏付け用の数字を拾い出して。僕は仕事はスピードだと思っている。10やれと言われて、時間をかけてこちらが10のものを作ったつもりでも、相手には7か8、場合によっては3か4の可能性もある。とりあえずは、7か8くらいの出来映えでも、え?もうできたの?くらいのスピードで仕上げ、それを後からブラッシュアップしていけばいいのだ。

今朝、営業部長に資料を出したら速攻で社長に話をしたらしく、夕方にはほぼほぼOKの返事を頂けた。商品部1人体制になって初めてのプロジェクトだったから、やった!という気分だった。

でも、問題はこれから。プロジェクトが成功しなければ意味がない。なんとか成功させて徐々に信頼を勝ち得ていく。僕の野望は、もっと先にあるから、今は、アイツに任せておけば間違いないと思ってもらうための準備期間。特に今年はコツコツやる時期。48位だから。

来年は花を咲かせたい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others