マイナス思考でお正月

前回、年始の挨拶はブログで、と言いつつ肝心の挨拶を忘れていた。

あけましておめでとうございます。こんなブログですが、本年もどうぞよろしくお願いします。

普段から感謝の気持ちを忘れないようにしようと考えながら、いきなりの失態である。反省。

ところで、昔はお正月というと楽しみで仕方がなかった。お年玉、年賀状、親戚が集まって美味しいものを食べる。楽しいはずのお正月が、最近はブルーなことが多い。

理由は、完璧主義な僕の性格にある。人生なかなか思うようにいかないことが多い。新しい年を迎えるということは僕にとって人生をリセットする絶好の機会である。その為、12月の大掃除から僕の新年を迎える準備が始まる。30日までに完璧に満足いくまで掃除を終わらせ、31日はゆっくり過ごす。ドンキでお菓子やお酒を買い込んで、ガキ使をガハハと笑いながら家族揃って見て年を越して、CDTVへと流れるのが理想である。ところが、この辺りから予定が狂いだす。まず、期待値が高いのか、ガキ使で大笑いができない。こんなはずしゃない、腹がよじれるくらい笑って年を越したいと思えば思うほど笑えない。しかも、番組のつまらなさが相まって、後半は眠くなってほとんど白眼を向いている。気付けば年を越していて、え?いつのまにか年越してるやん!、てなる。三が日は実家で過ごすが、ゆっくりできるのはいいのだが、やる事がなくてヒマで仕方がない。

正月とはこんなものなのだろうか?もっと完璧な年始の過ごし方があるのではないだろうか?これはもう、ハワイにでも行くしかないのだろうか?ここ数年、毎年、こんなことを考えながら、こんなブルーな気分で新年を迎えている。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

others