僕には夢がある。

夢というよりは、目標というか野望に近い。僕は昔から夢という言葉を使うのが好きではなかった。夢という言葉には、どこか叶わなくても美化されるような感じがして、僕の場合は、鼻の穴を大きく開けて、鼻息荒く語るような代物なので、夢という言葉ほど美しいものではない。

今、この野望を果たすべきかどうかで大いに悩んでいる。問題は金だ。金がない。この野望を叶えるには、軍資金として最低50万は必要だ。そして、僕の手元には今50万ある。しかし、このお金は独身時代に貯めておいたもので、将来、子供に何かあった時に使ってやりたいと思っていた。この美談のような50万を、今僕は自分の野望の為に使うべきかで悩んでいる。もちろん、この50万が100万、200万に化ける可能性も0ではない(限りなく0に近いが、、、)。悩む前に、まず嫁を説得する自信がない。

前から言ってるように、うちは貧乏だ。ちょっとやりたいことがあるんだけど!、とも言おうものなら、しかも、あの50万使っていい?とも聞こうものなら、翌日帰宅したらダイニングテーブルに離婚届が置かれているに違いない。しかし、家族に辛い想いをさせているのは、全部自分のせいであることも認識している。本当に申し訳ないと思う。

以前、会社の同僚から、「自分の人生は捨てて、家族の為に生きてください」と言われたことがあった。現実から逃れ、やれやりたいことがあるだの、転職だのという自分を戒める同僚なりの愛情だったと認識している。僕は自分の人生を捨てるべきだろうか?この前のブログに書いたように、全ての執着をなくし、何も求めず、ただ家族を養う為にひたむきに働き続けるべきだろうか?もう思春期を迎えた子供達は、最近、僕と会話すらない。嫁さんとは楽しく話しているが、もっぱら学校ネタなので、友達関係など理解できていない僕は会話に付いていけず、こうしてひとりブログを書いている。

僕が花であるならば、このまま行けば一生咲かずに終わるだろう。死ぬ間際に走馬灯のように見る僕の人生は、いったいどんな景色なんだろう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others