拾う神あり

捨てる神あれば拾う神がいる。

先日、リビングで愛用していたBRAUNの掛時計、ABK31が壊れてしまった。ABK31はディートリヒ・ルブスのデザイン。まあ、たかが時計なので、修理すれば直るだろうとタカを括っていた。しかし、古いものだし、ドイツ製なので、もしかしたら簡単には直らないかもしれないと思い、念のため、デザイン通の友人に聞いてみた。さっそく、BRAUNの時計を専門に修理してくれるサイトを紹介してもらった。ところが、その会社に問い合わせたところ、古いもので部品がないので修理できないとのこと。

少し焦って、Facebookで直す方法はないか聞いてみた。いろんな方からご意見をいただいて、その中にムーブメントを交換すれば直るのでは?との意見があったので、今度は地元の時計修理専門店に聞いてみた。時計の後ろの写真を送って見ていただいたところ、なかなか手強いとの話。どうやら構造が普通の時計に比べて複雑で、直せるかどうかやってみなければ分からないとのことだった。

大切にしていた時計なのでなんとか直して使いたいが、直らないかもしれないとのことなので、ヤフオクで時計を探してみた。いろいろ見ているうちに、以前から気になっていたセイコーのQA480Nが、かなり状態のよいもので、即決4000円で出品されていた!

QA480Nは、よく学校などで使われている少し大きめの時計で、うちの会社の工場にも付いている。なんともアノニマスなデザインと、無骨な存在感がよい感じだが、あまりオークションで見ることもなく、古いものなので、出品されていても、錆びていたり、アンティーク時計のショップでも3万〜4万くらいする。それが、即決4000円で出ていたもので、さっそく落札させていただいた。

おまけに、壊れたBRAUNのABK31をヤフオクに出品したところ、ジャンク品であるにもかかわらず2800円で売れた。珍しいものなので、壊れていても、欲しい人はいるものだ。

QA480Nは、セイコー製だし、ムーブメントの交換も簡単にできそう。この時計は長く使えそうだ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others