資本が主義!

甘かった。

「課長、今日、残業します!」。残業を減らすよう言われた僕は、残業する時には課長に申告しなければならなくなった。今月は、まだ7時間しか残業していない。課長は、うちの家計が苦しいことも知っているはずなので、まだまだ余裕だと思ってた。ところが、「それ、絶対今日やらなあかん仕事?何時まで残業する気?仕事の内容は?」気を許した隙に思わぬ職務質問。

「オンラインショップの資料をいろいろと・・・」

「資料ってなに?その資料いる?」

何がなんでも課長は残業をさせない気だ。まだ7時間しか残業していないのに!あまりのしつこい職務質問に、僕は思わずパソコンの退勤ボタンを押した(うちの会社はタイムカードの代わりにパソコンで出退勤を管理している)。

まずい。非常にまずい!今月は、とりあえず7時間は残業できている。しかし、残業する度に、こうも毎日職務質問されては、残業なんてできやしねー!来月から残業代ゼロ!もあり得る。

生活できねーよ。。

僕はこの前、執着しない生き方を説いた。しかし、執着しないことと金がないのはまったく別である。執着しなくても、金が貯まることはない。執着しないことで贅沢をしないことはできる。でも、うちの場合は、生活できないレベル!

今までいろんな自己啓発本を読んできた。はっきり言おう。それらの自己啓発本に書かれた人たちは、どんな境遇であれ、金には困っていない。

もう一度言う。

金には困っていない!

稲盛和夫も、水野敬也も、稲垣えみこも。

これほど資本主義を恨んだことはない。とりあえず今年の忘年会はすべてお断りしよう。。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

others