執着を捨てる

いやー、まったくなぜこうも次々と試練がやってくるのか。

また、弱音を吐きやがってと呆れられそうだが、今回の試練もなかなかのものだ。残業が多すぎるから減らすように会社から言われた。多すぎると言っても月に30時間弱だから、格別残業が多いわけではないし、サービス残業もほぼないので、それほどブラック企業ではないが、残業時間を一桁まで減らさなければならない。

炎上を怖れずに言うと、今もらっている給料は上場企業に就職した新入社員の平均に毛が生えた程度だ。それこそ楽天やソフトバンクの新入社員には負けているだろう。それで残業代まで削られたらホント生活ができない。副業でバイトでもしたいが、うちの会社は副業禁止なので、もしバレて何かあったら元も子もない。以前、転職を考えたことがあってハローワークに相談に行ったが、声が出にくいことと障害者雇用での転職は今より給料が下がると言われてしまった。マイカーを売るとか、持ち家を売って安アパートに引っ越すとか、まだまだできることはあるが、できれば家庭の事情で子供たちには不憫な思いをさせたくない。

考えてもお金が増えるわけではないが、久々にメンタルをやられてしまった。あまりにもいろんなことが降りかかる僕の人生は、ある意味ドラマチックだが、自分の気持ちを落ち着かせるために、僕は人生を捨てることにした。周りの人を羨んだり、自分の人生に希望を持つからうまくいかない時の反動が大きい。いっそのこと人生を捨ててしまえばいい。もう48年も生きて、それなりに楽しいこともあったじゃないか。

以前、AIに人は救えるか会議で、龍谷大学の先生が、仏教の世界では悟るとは執着を捨てることだと言っていた。これは、何かに悩み苦しんでいる人に是非とも読んで頂きたいのだけれど、辛いことも悲しいことも苦しいことも、執着するから起こるのだ。お金に執着し、出世に執着し、人から好かれることに執着し、インスタでいいねをもらうことに執着する。執着しないことで楽になれる。もう、自分の人生にすら執着せずに捨ててしまおう、喜怒哀楽を捨ててしまおう、とここまで考えて、ん?ってなった。

喜びや怒りや哀しみは、執着に起因する。執着するから喜び、執着するから怒り、執着するから哀しむ。しかし、「楽」に関しては、楽しむことも楽に生きることも、むしろ執着しないほうがいい。執着しないことで、ずっと楽に生きることができる。これだ!と思った。

例えばパラリンピックに出てる選手たちは、自分の障害に執着しているだろうか?おそらくまったくしていないだろう。いやいや、彼らはメダルを取る事に執着してるでしょう、と言う人がいるかもしれない。これは、僕の憶測に過ぎないが、彼らはメダルに執着していないと思う。執着している人はドーピングをしたり、ライバルを蹴落そうとしているような人だ。純粋なアスリートであれば、メダルへの執着よりも、どちらかと言えば自分との闘いで、執着とは違うと思う。どんなに苦しいトレーニングも、メダルや名誉に執着していない人にとっては「楽」なはずだ。

僕みたいに人生を捨てるのは行き過ぎだが、執着は捨てよう。以前、嫌われる勇気という本がベストセラーになったが、嫌われることに勇気など微塵も必要ない。人間関係も出世も名誉もリア充も、執着から逃れることで楽になる。

僕らの人生は自分のもので誰のものでもない。執着を捨てることで、自分らしく生きていこう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

others