ロングテール


ロングテールっていう本を読んだ。

下のグラフで左のほうで上に伸びてるところが、いわゆるヒット商品。それに対して、右のほうに伸びてる、たいして売れていない多くの商品のことをロングテールという。

例えばベストセラーの本だとか、ミリオンセラーの曲なんかは、実際に発売されている(自費出版やインディーズも含めて)本やCDのわずか数パーセントに過ぎない。一昔前までは、本やCDはお店で買うものだった。お店は規模の大小はあれど、棚数には限りがあるから、売れる商品を優先的に置く。実際には店頭にも並ばない作品は山ほどあった。ところが今はインターネットの普及でわざわざお店で買う必要はなくなった。今は音楽はiTunesで好きなだけダウンロードできるし、本もKindleで買うことができる。これまでは在庫の心配をしなければならなかったが、データを売るから在庫の心配もない。僕自身、本はAmazonでレビューを参考に読んでるし、音楽もSpotifyが好みの音楽を流してくれる。ホントに便利な世の中になったものだ。

しかし気をつけないといけないのは、あくまでこの本はビジネスについて書かれているということ。確かにネットでこれまで以上に多くの情報を享受することができるようになったが、リアルではないのだ。この前参加したDesigning Humanityでもシンギュラリティの話が出ていたけど、AIがお袋の味を完璧に再現できるようになっても、それは、決してお袋の味とは言えないだろうみたいな話があった。僕らが得ることができるようになったのは情報でしかない。体験は別の話。でもホントに大切なのは、体験だ。体験ということとは少し違うけれど、例えば家族やペットと過ごす時間は、いくらインターネットやAIが発達しても、それに変わるものにはなり得ない。

デジタルに流されてはいけない。これからは、それぞれがアナログとデジタルを見極めていかないといけないんじゃないかな。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

others