出る杭

今、仕事でブランディング的なことに関わらせてもらっている。

ブランディングと言うと聞こえはいいが、どうすれば売り上げが上がるのか?を考える。単純に他社よりデザインが良ければ、他社より安ければ売れるというものじゃなく、それこそレッドオーシャンの海原で正面からぶつかるとそのまま溺れてしまうのは目に見えている。

だから、これまでとは違う新しいことをしないといけないんだけど、新しいことをしようとすると、どこからともなく必ず抵抗勢力が現れる。しかも、この抵抗勢力は味方だと思っていたところから現れるから厄介だ。

クレヨンしんちゃんで、正義の反対は悪ではなく、また違う正義が存在すると言ったとか言わなかったとか。確かに我々が悪と思っている軍事国家もテロ組織も、彼らは自分達が正しい(正義)と思って活動しているのだ。そして、ほとんどの場合、利害関係が絡んでいる。自分達にとって、何かしら損害を被る可能性があること、もしくは自分達の領域が侵される危機感があると抵抗勢力はどんな手を使ってでも抵抗し、正当防衛を主張する。

解決策は、武力制裁でも経済制裁でもなく対話であると思うが、多くの場合、対話にならないから難しい。

しかし今は敵を増やしてはいけない時期。そして焦ってはいけないが確実に結果を出す必要がある。いざ、青い海へ。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

others