気管切開孔閉鎖!

昨日、1年9か月ぶりに気管切開孔を閉鎖しました!
昨年の9月にチャレンジするも失敗に終わり、今回も2か月にわたる閉鎖訓練を経たうえでの、ようやくの閉鎖でした。
2週間前に閉鎖訓練の調子が良いとのことで閉鎖が決まったのですが、「外来でもできる程度の手術」ということでしたが、手術室でやったほうがいいだろうとのことで、結局1泊で入院することになりました。
病院に着くなり血圧と体温を測ります。これはいつもの流れ。それに加えて、点滴も施されました。(ん?前の全身麻酔の手術の際も、点滴なんてしなかったぞ)14:45から手術ということでしたが、結局1時間ほど遅れの16時から手術となりました。これまでの手術は全身麻酔だったのですが、今回は局所麻酔なので、手術の様子がよく分かります。
手術室に着くと、5人くらいの人が準備してます。(これ、外来でできるレベルちゃうんちゃうの〜?)顔の上からビニールのようなものを掛けられるので手術の様子は見えません。ただし、声はよく聞こえます。「う〜ん、これ、どうやってやろかな〜」、「うまいこと、いくかな〜」ちょっと!先生、今更何言ってるんですか!どうも、僕の気管切開の孔がしっかり作りこまれているらしく、塞ぐのが難しいようです。
しかし、局所麻酔ってすごいですね〜。局所麻酔したのなんか、おそらく親知らず抜いて以来だと思いますが、全く感覚がありません。おそらく、切ったり、針挿したり、相当痛いことされてるはずやのに、全然平気です。
あっという間に手術は終わりました。手術が終わった時点できちんと呼吸ができていることにまず安堵です。
夜は、全然寝れませんでした。痰が喉にたまって、しかもうまく出せないので喉の中でごろごろ言ってます。そのせいか息苦しさもありました。
ちょっと、この息苦しさが気になったのですが、気管切開孔を塞ぐと、誰でも息苦しさは感じるそうです。今は落ち着いて呼吸もよくできているので、無事、成功したと思います。


 

コメント
りらくまさん、こんにちは。
僕も大阪医大病院ですよ!僕はエイネル法という方法で気管切開を閉鎖しましたが、この手術ができる医師は少なく、特に大阪医大病院の先生では無理なので消極的なのかもしれません。
紹介状は書いてもらえるでしょうから、一度、望月先生に診ていただいてはいかがでしょうか?
  • 管理人
  • 2018/12/08 5:26 PM
返信有難うございます

大阪医大病院
に通院しています
医師からは気管切開閉鎖は命取りと言われてます
声帯は少しは動いてるとは言われてます
だから 大きな声も出ますし嚥下もスムーズです

レティナ生活は慣れません

望月先生にみてもらうには
大阪医大病院からの紹介状が必要になりますよね?
  • りらくま
  • 2018/12/05 2:37 PM
りらくまさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
僕は大阪病院の望月先生という先生に手術をしてもらいました。
お調べしたところ、望月先生は、今は大阪病院を辞められて、今は阿倍野ハルカスの坂本耳鼻咽喉科にいらっしゃるようです。
僕もいろんな病院に相談して、ほとんどの病院で閉鎖できないと言われましたが、唯一望月先生で、2回の失敗を経て、ようやく閉鎖できました。
甲状腺の腫瘍の先生には、閉鎖したい旨を話していましたが、特に止められませんでしたよ。
閉鎖によって、声は出にくくなりますが、最近は日常会話は、ほぼ問題ありません。嚥下もないですね。
一度望月先生にご相談されてもいいかと思います。
  • 管理人
  • 2018/12/04 8:10 PM
閉鎖手術は、何処の病院でしましたか

閉鎖の許可は医師から言われましたか

私も甲状腺がんで両側反感神経マヒで
気管切開してレティナ入れてます
手術後から両側反感神経マヒです

医師からは
まだ声帯マヒしてるし
ガンが進行し照るから.落ちついてから
とは言われましたが

今月でマヒして半年です

仕事に行きたいし、気管切開閉鎖したいです

体調は良いですがね

働くとなると 吸引やらも気になりますし
悩みます

ブログは参考になります
  • りらくま
  • 2018/12/03 10:31 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

others