正しい相対性理論

相対性理論は嫌いだった。いわゆる聞かず嫌いというヤツだ。
相対性理論とか、神聖かまってちゃん とか、毛皮のマ リーズとか、ちょっと変わったバンド名をつけたバンドからは、俺たちは違うぜ!感が感じられて聞く気になれなかった。
ところが、アルバム「正しい相対性理論」の参加ミュージシャンが素晴らしすぎた。Cornelius、坂本龍一、スチャダラパー、Arto Lindsay。聞くしかない。
いざ、聞いてみるとJAPANだ。サウンドはまさに、JAPAN。JAPAN風のサウンドにやくしまるえつこのヴォーカルが心地よい。
Amazonのレヴューなんかを読んでいると、このアルバムは独特のようで、これまでの相対性理論は、もう少しJ-POPっぽいようだ。
まあ、確かに、参加ミュージシャンのサウンドが色濃く出ているので、このアルバムだけでは相対性理論の評価はできない。
しかし、これだけの面子が集まったのも凄いし、相対性理論を率いる、やくしまるえつこ、後藤まりこに続いて要チェックだ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/02/15 7:00 AM

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others