社会的弱者のためのオンラインサロンを作りたい

来年に迫った東京オリンピックに向けて、徐々に盛り上がりを見せている。


最近では、オリンピックと一緒に開催される、パラリンピックも注目を集めるようになった。パラリンピックと言うと、多くの人が「障害者の為のオリンピック」という認識を持っているかもしれないが、厳密にはそうではない。例えば、聴覚障害者や精神障害者は参加対象から外れている。その理由は、詳しくは調べれてないんだけど、すべての障害者が参加できるわけではないのである。ただし、聴覚障害者のためのオリンピック、デフリンピックや、知的障害者のためのオリンピック、スペシャルオリンピックスというのも開催されているようだ。


僕はパラリンピックについて、少し違和感を感じている。パラリンピックについてというよりも、パラリンピックを取り巻く環境についてかな。オリンピックに比べるとパラリンピックは報道など、あらゆる面で取り上げられる機会が極端に少ない。正直、僕もオリンピックに出るような選手の名前は、有名な人なら何人か知ってるけれど、パラリンピックに出る選手となると、まったく知らない。それに、パラリンピックに出れるような人はすごいと思うけれど、圧倒的に出れない人が多い。それだったら、オリンピックも同じしゃないか、と思うかもしれないけれど、健常者はオリンピックに出れなくても、仕事や趣味で活躍の場はいくらでもあるが、障害者の場合はそうではない。


それと、もうひとつ。障害者の規定について。障害者と一口に言っても、何をもって障害者というのか?これは、ざっくり言うと、障害者手帳を持っているかどうかだと思う。僕は双極性障害で精神障害3級の障害者手帳を持っているけれど、反回神経麻痺に関しては、障害者手帳の申請は通らなかった。極端な例で言うと、視力が0.1の人は裸眼ではほとんど見えていないけど、障害者にはならないし、認知症や病気で車イスを使わざるを得ないような人も障害者手帳の対象にはならない。ざっくり言うと、病気が原因で何かしらの障害がある人は、障害者手帳の対象にならない場合が多い。


と、ここまで書いて長くなりそうなので、この続きは次回。


犯人は踊る

犯人は踊る、というカードゲームをご存知だろうか。このゲームがめちゃくちゃおもしろい。


先日、家族で外食がてらショッピングモールをうろついていた時のこと。高校生の長男が、たまに友達を家に連れてくることがあって、やる事がないので、カードゲームを買いたいということになった。息子が買ったカードゲームが「犯人は踊る」。


すごい簡単に説明すると、配られたカードの中に探偵カードと犯人カードが一枚ずつ入っており、探偵カードを持った人が犯人を当てると探偵の勝ち。犯人カードを持った人は、犯人とばれることなく、最後に犯人カードを出すことができれば、犯人の勝ち。


単純なんだけど、カードの中には、他の人とカードを交換したり、他の人が持っているカードを見ることができたり、ウソをつくことができたり、いろんな仕掛けがあって、かなり、頭を使う。自分が持っていたカードが誰に流れるかをきちんと考えないといけないし、他の人が、そのカードを出した意味とかを考えないといけない。


とにかく、やってみたらおもしろいんだけど、伝わってる?説明が下手ですいません。


毎年、お正月には親戚が集まってトランプをしてるので、来年の正月は「犯人は踊る」をやろう。


持つべきは嫁と友

製造部への異動は、僕にとってはそれなりにショックだった。


商品部の仕事にはやりがいを感じていたし、そもそも、自分がなぜ製造部へ異動となるのか、理由がわからなかった。商品部では、特に大きなミスをしたわけでもなかったし、むしろSNSのフォロワーも増え、オリジナルブランドの売上も上がっていたので、それなりに貢献していると思っていた。


異動が決まって落ち込んだ気持ちで、嫁さんや、何人かの友達に相談してみた。相談というか愚痴に近い。


友達のうち、ふたりが、わざわざ僕のために時間を取ってくれて、話を聞いてくれた。そのふたりというのが共に社長。それも、ふたりとも自分で起業して、それなりに社員も抱えて成功している。僕の心の奥底で、(雇ってくれないかな)という思いと、(友達に頼ってはいけない)という思いが交錯する。


そのふたりはタイプが全く違っていて、僕に対するアドバイスも好対照。ひとりは、過去の栄光にすがるのは良くない、他人と比べても意味がないと、自分の失敗した事例をあげて、僕のことを叱咤激励してくれた。


もうひとりは、ただただ話を聞いてくれて、僕のブログを褒めてくれるなど、今の僕に何ができるのかを考えさせてくれた。


ふたりの意見を聞いて、タイプはまったく違うけれど、僕は自分の考えを反省するとともに、自信を取り戻すこともできた。何より、自分のために、わざわざ時間を作ってまで心配してくれてる友達がいるということが嬉しい。


それと、落ち込む僕の気持ちを大きく切り替えさせてくれたのは、嫁さんのアドバイスが大きかった。商品部に行ってからは、仕事が半分生きがいくらいになっていた。でも、仕事が全てではない。むしろ、これまでの仕事や趣味で築き上げてきた人脈を生かした仕事をプライベートでやってはどうかと。


嫁さんのこの意見は、僕の気持ちをかなり軽くしてくれた。仕事は仕事で割り切ればいい。それより、デザインや建築、骨董の趣味を生かして、そちらで、やりがいと楽しみを見つければいい。


そう考えると、今回の異動は、自分の人生の第二のスタート地点かもしれない。


ツカエナイヤツ

8/11日付で、商品部から製造部に異動になった。

ウチの会社では、会社からツカエナイと判断された人間は、みんな製造部に行かされる。そして、給料が大幅に下がる。

この世には、2種類の人間しかいない。ツカエルヤツとツカエナイヤツだ。ツカエナイと言っても、人としてツカエナイというわけではない。その業界、その職種でツカエナイだけである。例えば、プロ野球選手やプロのサッカー選手になりたい人はたくさんいる。でも、実際にプロになれる人、しかもその中で活躍できる人、ツカエル人は、ほんの一握りしかいない。多くの人は、自分がプロとしてはツカエナイと気付いて、他の道を選ぶ。そして、他の道でツカエル人として人生を歩む。ツカエルというのは、何も仕事に限ったことではない。仕事で使えなくても、夫として、または父親としてツカエル人もたくさんいるし、逆に仕事としては使えても、夫として、父親としてツカエナイ人を僕はたくさん見てきた。

僕は小学校の頃から、勉強ができた。一浪はしたが、予備校時代に猛烈に勉強して、関西学院大学に入った。所謂、関関同立に入れたわけだが、僕はツカエタのか?いや、努力したのだ。関関同立レベルは、努力さえすれば、誰でも入れる。早慶レベルになると、努力だけの問題ではなくなる。問題は努力できるかどうかだ。そして、大学を卒業して入った企業では、営業成績はよかった。営業では負ける気がしなかった。僕はツカエタのか?いや、努力したのだ。若いうちは、努力さえすれば、成績を上げることはできる。しかし、年を重ねるにつれ、努力だけでは結果を出せなくなる。転職した輸入家具の会社で、オーダーキッチンの会社で、そして今の会社で、僕は結果を出せなかった。おまけに、10年以上前にうつ病になり、6年前には甲状腺がんで声帯が麻痺した。しかし、今思えば、これは、神様の心遣いだったのだ。なぜなら、僕はプロ野球選手になれないツカエナイ選手だったにもかかわらず、バットを振り続けていたのだから。神様は、そんな僕に、怪我や病気で夢を諦めるきっかけを作ってくれた。しかし、神様が思う以上に、僕は馬鹿だった。病気になった僕は夢を諦めるどころか、こう考えた。


「病気にならなければ、プロになれたのに!」


救いようがないとは、僕みたいな人間のことを言う。そのことに、僕は今日まで気付かなかった。今日の今日まで、僕はツカエナイことに気付かなかった。

おそらく、製造部になったのは、僕が唯一ツカエル道なのかもしれない。本当に簡単な道を素直に歩めばいいものを、僕はわざわざ雨風にさらされながら、いくつもの峠を越えてやっとここまでたどり着いたのかもしれない。


やんわり断る

誰かにお願いをした時に、やんわりと遠回しにお断りされることがある。

「飲みに行きません?」

「あぁ、、今日、ちょっと嫁さんが体調崩してて、子供の面倒見ないといけないんだよなぁ」とか。

この、やんわりと遠回しにお断りされることほど、ショックなことはない。確かに、相手が近しい人だったり、お客さんだったり、年上だったりした場合は、断りにくいこともあるけど、それでも、いっそのこと、「いや、無理でしょ!」って断られたほうがスッキリする。

「飲みに行きません?」

「無理無理!君と飲みに行くくらいなら、ひとりでガールズバー行くわ」

くらいに断られたほうがいい。この時、嘘はいけない。

「無理無理!今、お金ないねん!」とか言っておきながら、翌週に他の人と飲みに行ったりすると、「お金ないんちゃうんか!」てなる。「お金がないから、飲みに行かない」ではなく、「君とは飲みに行きたくない」という意思表示が必要だ。これだと断られたほうも、「もう二度と誘わねぇ!」という気になってスッキリする。

あと、さらにタチが悪いのが、「おー!行こ!行こ!来週にせえへん?みんな誘ってさ!」みたいに、勝手に相手の要望を先送りして、さらに自分の土俵に持っていくタイプ。

やんわり断られた場合は、「この人は気を遣って断っている」ということがバレバレになるし、そうわかってしまうとそれ以上何も言えなくなるから、相手にツッこませるくらいの余白を与えてあげたほうがいい。と言うか、やんわり断る人は、基本的に「断っているという空気読め」という態度で臨んでくるから、相手が傷付こうが構わないという非情な人が多い。

そういう僕も、やんわり断る派です。


なんかもう

僕は商品部という部署に所属している。

主に、カタログを作ったり、展示会の準備をしたり、公式サイトの更新をしたり、たまに新商品の開発をしたりというのが仕事だ。商品部は、僕ひとりしかいない。これらの仕事をひとりでやっている。ひとりということで大変なこともあるけど、自分の好きなようにできるという意味ではよいところもある。

僕は商品部の仕事として、「オリジナルブランドの売上をあげる」ということをひとつの目標としてきた。うちの会社はOEMの売上が9割を占める。オリジナル商品の中でもブランド商品の売上は全体の1%にしかすぎない。しかし、OEM商品は価格競争のレッドオーシャン市場で利益が薄く、これからはブランド商品の売上を上げるのがこの会社の命題だと考えていた。

オリジナルブランドの売上を上げるといっても、これがなかなかに難しい。というのも、オリジナルブランドは、売上の9割は戸建で採用されている。ところが営業マンは、戸建の少ない売上よりも、マンションなどの売上の大きい物件を追いかけるので、誰もブランド商品を売ろうとしない。営業マンが売ろうとしないので、当然売上は上がらない。

そこで僕は、SNSを活用しながら、ブランド商品はネット販売で売ろうと考えていた。SNSは、インスタを中心に進めていて、秋にはnoteを活用した新しい企画を考えた。オンラインショップは国内、海外ともテコ入れをすることにし、これからが正念場だった。まさに、これからブランド商品の売上を上げるために、いろいろ施策を打ち出していくところだった。

ところが、SNSや公式サイト、ネットショップなどの業務をセキュリティの関係で管理部という別の部署が携わることになった。それを聞いて愕然とした。管理部は社内のアプリ開発などをする部署で、SNSやオンラインショップの運営などとは全く関係がない部署である。すぐに社長に意向を確認したが、セキュリティ強化の為に、ネットを介する業務の全てを管理部に移管するという。つい数週間前に、今後、ネットショップの強化の必要性を話したところである。それなのに、なぜ。。

僕は会社をよくしたい、売上を上げたいと考えているだけなのに。また、新たな方策を考えないといけない。


歳かな

最近、物欲がまったくと言っていいほど、なくなった。

物欲に限らず、こだわりがまったくない。休みの日には、ヒゲはそらないし、頭はボサボサのまま。服もとりあえず、あるものを適当に着て、周りの目などまったく気にしない。30代の頃は、とにかくカッコよく生きたかった。お洒落して、古いサーブに乗り、建築家に建ててもらった家に住む。海外ブランドの家具に囲まれて、作家ものの器を使う。休みの日には、サーフィンに行ったり、家にいる時は洋楽を聴きながら読書をする。スタイリッシュ。そう、ライフスタイル雑誌に出てくるような、それこそ今で言うところのインスタ映えするような暮らし。

今は、そんなものにまったく興味がない。若い時は、年配の方は、なぜダサい服を着ているのだろうとか思ったが、歳をとるとそういう、他人が決める価値観には興味がなくなるのだろう。

と言っても、まったくこだわりがなくなったわけでもない。自分なりのこだわりはある。でも、それは、例えば、自然の中で読書して過ごすとか、畑を耕して、そこで採れた野菜で漬物を漬けるとか、骨董市で買ってきたお気に入りの器を使うとか、猫を飼ってゴロゴロ過ごすとか。あと、料理ができるようになって、友人を家に招いてワイワイ過ごすとかもいいな。これらは、全部自分がやりたいことで、人からどう思われるかなんてことには興味がない。でも、ダサくはなりたくないし、100均で食器を買うとかは無理かな。あと、これはたぶん実現できないんだけど、早いうちに引退して、空き家バンクで古い家を探して田舎暮らしがしたい。となりのトトロに出てくるみたいな古くて大きな家に住んで、そこで骨董屋を営む。

そういえば、仕事だけは、こだわりがある。あと10年もすれば定年なのに、今頃、やりたいことがいろいろ出てきた。フリーランスには憧れるけど、そんな度量も才能もないし。子どもが自立したら、第二の人生を歩みたい。あと8年か。。長いなぁ。


散々な日

今日は、甲状腺がんの診察の日だったのでリフレッシュ休暇を利用して会社を休む。

今日は寝るぞー!と思っていたのに、5時に目が覚める。特に用事はなかったのだけれど、一眼レフで写真でも撮ろうとしてシャッターを切ったら、動かない!液晶画面には「ERR 99」の文字が。Canonのサービスセンターに問い合わせてみたら、故障して修理不可、買い替えをお願いします、とのことだった。この前、iPhoneを買ったばかりなので、ここにきて更なる出費は痛い。

昼から病院に行く。今日は診察だけなので、安心だ。10月にCT検査と血液検査をすることになった。CT検査の予約は13:30で、検査の3時間前までは絶食してください、と言われたけれど、覚えてる訳ない!検査の予約をしたのはよかったが、予約日の1週間前なら会社の創立記念日で休みだった。しまった。こんなことなら、創立記念日の日に予約しておけばよかった。無駄に有休を使わないといけない。予約日を変更してもらおうと思ったが、まあ、休めばいいかと諦めて帰る。

病院を出ると雨が降っていた。えー!雨降るなんて聞いてない!てか、今日に限って天気予報見てなかった。雨が小雨になるのを待って家に帰る。

家に帰ると、もらってきた薬をお薬手帳のアプリに入れる。手帳を持ち歩くのが面倒なので、2年ほど前からアプリに入れている。ところがアプリを立ち上げようとすると、「このアプリは終了しました」とのこと。まじ!これまでのお薬手帳の履歴消えた?仕方ない。諦めて、新しいアプリを入れた。

休憩して、新しいカメラを買う為にヤフオクを眺める。すぐにでも欲しかったので、結局、EOS 7Dを22000円で落札した。出費は痛いがカメラが届くのが楽しみだ。



投票へ行こう

僕は政治や経済については、関心がない。

特に政治に関しては、50を手前にした世帯主であるにもかかわらず、恥ずかしい限りである。そんな僕が投票へ行こうというブログを書いている。これには、ちょっとしたきっかけがあった。SNSで流れていた山本太郎の政見放送。山本太郎と言えば、ぼくらの世代では天才たけしの元気が出るテレビでメロリンキューをかましていたタレントだ。それが今ではタレント議員という枠組みではくくれない立派な政治家になっている。山本太郎の街頭演説を見たのは、今から3年前、東京都から参議院選挙に出た三宅洋平さんの街頭演説で応援演説をしていた山本太郎だった。

三宅洋平の街頭演説はこちら。

https://youtu.be/ZzfB3hUny08

あれから3年、今年、山本太郎はれいわ新撰組という党を旗揚げして、比例代表で選挙戦に臨む。その山本太郎の街頭演説が印象的だった。演説の内容に関しては、下にリンクを貼るから、そちらを見てほしいのだけれど、山本太郎は、本気で政権を取りに行っている。今の日本を変えるには、政権を取るしかないのだと、日本をもっと豊かな愛ある国に変えるには、政治を変えるしかないのだと。山本太郎の街頭演説は興味深いものだったけれど、さらに興味深買ったのは、同じくれいわ新撰組で東京で出馬する野原ヨシマサさん。この方は、沖縄の方で、創価学会に所属している。創価学会に所属しているにもかかわらず、公明党ではなくれいわ新撰組から出馬し、それどころか公明党党首の山口さんとガチンコ対決をしようというのだ。おもしろいじゃないの!

僕は先ほど述べたように、政治には無知である。だけど、今の政治が経団連の言いなりになっているくらいは知っている。いろんな利害が噛み合って、裕福な人に、大企業に有利なように操作されているくらいのことは知っている。それで実際、格差社会になっているじゃないの。これまでは、仕方がない、誰に投票しても変わらないと思ってた。けど、諦めない人がYou Tubeの画面の向こうにいた。正直、れいわ新撰組は苦戦を強いられると思う。組織票がないんだもの。でも、各地で街頭演説をして、今の政治のなにが問題で、自分たちが政権を取ったら、なにをするつもりなのか?、それを草の根作戦で必死に訴えている。これが投票率90%とかだったら、こんなブログ書かない。でも、毎回投票率下がってるでしょ?投票に行かない人は、サイレントマジョリティなんだと思う。物言わぬ多数派。みんな今の生活に納得してなくて、でも、どこの党に投票しても変わらないという無気力感があって。

勘違いしないで欲しい。僕はれいわ新撰組や山本太郎を支持しているわけではない。ただ、山本太郎の街頭演説を見て、もしかしたら、もっとこの国をよくできるかも?って思ったから、そう思う人を増やしたい、共感してくれる人に期待したいと思っているだけだ。まずは、投票に行って欲しい。そして、このブログに共感してくれるなら、いいね!して、できればシェアして欲しい。少し前からブログをFacebookでシェアするのをやめていたけど、このブログはFacebookでシェアします。勇気いるよね?宗教や政治のことをSNSなどで触れるのは、勇気がいる。だって、その後の仕事や人間関係に影響するかもしれないもん。でもね。クレヨンしんちゃんの映画でしんちゃんのお父さんが言ったとか言わなかったとかいう話があったけど、正義の反対は悪ではなく、また反対の正義なのだ。自分が悪だと思っているのは、テレビのヒーローものの話。みんな自分が正しいと思っていて、その主張や考え方が少し違うだけ。自分の考え方と違う人は、敵ではない。

僕はこんなブログ書いてるけど、さっきも書いたように、そうだ!そうだ!と思うならいいね!して欲しい。いや、違うだろ!って思うなら、教えて欲しい。誰が正しいんですか?何が正解なのですか?どうすれば、みんが幸せになるんですか!僕だって怖いです、こんなブログ書くのは。しかも、Facebookでシェアするとかwww

最後に山本太郎の街頭演説のリンクを貼ります。これが世の中をよくするための、何かのきっかけになることを願います。

https://youtu.be/cOJyLk-OpXY



iPhone7を手に入れた

ついに、iPhone7を手に入れた!

iPhone6を購入したのが1年程前。もちろん、格安スマホである。当時iPhone5の16GBを使っていて、容量ぜんぜん足りんやん!ってことでiPhone6の64GBを手に入れたのだが、その快適っぷりと言ったらなかった。なんせ、16GBから64GBになったのだから。それからもなんら不便に感じることもなく、ぜんぜんiPhone6で十分やん、なにがiPhoneXだ!とばかりにiPhone6を使い続けるつもりだった。

転機は急にやってきた。普段ゲームはしないのだけれど、ちょっとゲームのことを調べる機会があって、急にゲームがしたくなってきた。それも、CGの綺麗なやーつ!ところが、である。CGの綺麗なゲームと言えば、ほとんどが「iPhone6s以降」となっているではないか!sが付いてるか付いていないかだけで、これほども違うものか、、、。

というわけで、ヤフオクでiPhone7を検索してみる。iPhone6sでもいいんだけど、せっかくなら一気に7まで行きたい。iPhone7の落札相場は32GBで20000円くらい。ちなみにiPhone6の落札相場は8000円くらいなので、今のiPhone6をオークションに出せば、12000円くらいで手に入ることになる。12000円!自分にとっては安い買い物ではないけれど、iPhone6は、どんどん値下がりするだろう。この辺りが買い時ではあるまいか?

いったん欲しい!と思ったら、買わずにはいられない。こういう時に躁状態がやってくる。ヤフオクで気になるiPhoneをウォッチリストに入れて、様子を見る。ここからは見えない敵との勝負だ。いかに安く落札するか?ところが、狙っているやつは、ことごとく予算を上回り、見送ったやつが見事に予算内で落札されるという悪循環。焦った僕は、送料無料、バッテリー交換済み24000円のiPhoneを落札した。。

4000円予算オーバー。

送料無料だし、バッテリー交換済みだしと自分に言い聞かせる。

届いたiPhoneを使おうとしてビビった。わざわざ、パソコンからバックアップを取らなくてもいいではないか!勝手に前のiPhoneからデータを取得している!知らぬ間に、これほど、技術は進んでいたのか。。パソコン買った時もそうだったけど、新しい機種に変更した時のデータの引き継ぎがめちゃくちゃ楽になってる。

文明の力から離脱して、時給自足に近い田舎暮らしがしたいと思いながら、パソコンとスマホは手放せねーな!と思いました。


| 1/25PAGES | >>

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others