靴を買うならロコンド

今の仕事は立ち仕事なので、足が疲れる。


どうせ汚れるので、履き古したスニーカーを履いて行っていたが、履き心地があまりよくなくて、仕事が終わると疲れ切っていた。ちょっとボロボロになってきたし、もう少し軽くて履き心地のいい靴を買うことにした。


できるなら、普段も履ける靴がよい。かと言って、仕事をメインで使うのであまり高いものを買うのももったいない。とりあえず、安くてよい靴をアマゾンで探してみる。なるべく、安くて軽く、疲れない靴を探してみる。昔は買い物に出かけていたが、最近は、まずアマゾンで探すようになった。お店より商品数がかなり多いし、しかも安い。以前は、実際のお店や楽天などで比較してから買っていたが、結局、アマゾンが一番安くていいものがあり、しかも、レヴューが参考になるので、最近はもっぱらアマゾンで探すようになった。


ところが、靴に関してはなかなかいいものが見つからない。安くて評価も高い靴はいくつかあったが、いずれも聞いたことのないブランドだ。靴は履き心地が悪いと失敗するので、できればブランド品のほうが安心だ。そこで、最近、頻繁にCMをしているロコンドで探してみた。


ロコンドで探してみると、あるわあるわ。靴に特化しているので、さすがに種類が豊富だ。しかも、「アウトレット」で探すと、ブランド品の靴が半値近くで販売されている。自宅で試着できて、送料さえ負担すれば返品もできるので安心だ。これは、使える。気に入った靴があって、カートに入れる寸前で、一応、無印良品の靴もチェックすることにした。実は無印良品の疲れないスニーカーというのを履いていて、これが本当に疲れないので気に入っていた。すると、踵の衝撃を吸収するスニーカーという商品が3990円のところ、3日間限定で2990円で販売されていた。無印良品のレヴューもよい。ロコンドよりも安いので、アマゾンとロコンドでさんざん探した挙句、結局、無印良品のスニーカーを購入した。


しかし、昔はウィンドウショッピングが楽しかったが、今は、家でスマホをポチポチやって掘り出し物を探すほうが楽しくなっている。


購買欲が止まらない

先週末から買い物をしまくっている。


最近、歳のせいか、物欲がなくなったなぁと思っていたが、欲しいものを手に入れずにはいられない。これは、双極性障害の典型的な症状である。


ここ1週間で買ったものは、折りたたみ傘、定期入れ、ランドリーバスケット、ズボン、撮影用の布地、ジュースやお酒などの嗜好品などなど。いずれも、なくてもよいが、無駄遣いというわけでもない。


特にズボンは、古着屋で買った。最近、服は古着屋で買っている。茨木にあるお宝屋というお店だ。名前の通り、お宝の宝庫である。服を買う時は、基本的に千円以上のものは買わない。だから、店に入ると、千円以下のもので、自分に合うサイズのものを探しまくる。見つけたら、試着室で着まくる。自分の好みや流行りなどはまったく無視しているので、思わぬ自分に似合う服を見つけたり、掘り出し物に出会ったりというのが楽しくてたまらない。


もともとは、お金がないから始めた古着屋通いだか、今では、古着屋に行くのが楽しみでならない。


お金がないならないで、楽しみ方はいくらでもあるものだ。


自治会最高かよ

僕の住んでいる自治会は、アーデル自治会という。


昔から住んでいる人と、僕らみたいに最近(と言っても15年前だけど)新興住宅に住み始めた人が集まる自治会。


この自治会が最高で、おそらく最近の自治会には珍しく、いろんなイベントがあり、交流の機会がある。5年程前までは、近くの公園でみんなが集まってバーベキューなんかをする親睦会があった。


近くにマンションが建ったことで、夏の親睦会はなくなったのだけれど、僕らと同じ世代の会長さんが、是非とも、夏の親睦会を復活させたいとのことで、今年は規模が小さくなったものの、久々に親睦会が再開した。


子どもたちも成長し、僕らもすっかり歳を取ってしまったけれど、こうしてみんなが集まると、子どもたちは子どもたちで盛り上がってるし、僕ら親の世代も、久々にみんなが集まって、盛り上がる。


引っ越してきた当初、まだ幼稚園にもいかないような幼な子だった子どもたちもすっかり大きくなったけど、こうして自治会の集まりに参加している。僕ら大人たちも、昔と変わらずゲラゲラ笑いながら盛り上がってる。


来年、成人式を迎えるケンゴ君が、「将来、アーデル自治会の役員をやります!」と頼もしく宣言する。


こうして、自治会のみんなが集まって老若男女問わず盛り上がれることを幸せだなと感じた。


いままで自治会を引っ張ってきた諸先輩方も歳をとった。これからは、僕らが自治会を引っ張っていって、次の世代に引き継いでいかなければいけない。


アーデル自治会、最高!


あなたの幸福度は?

僕がよく読んでいる松倉さんのnoteで、興味深い記述があった。


それは、松倉さんが、「幸福度なんて測れない」という題名で書いていたもの。


https://note.mu/sbr/n/n0f8c86eb0b5d


松倉さんが「時間に追われていると幸福度が下がる」というネットニュースを見て、「そもそも、幸福度なんて、どうやって測るの?」という疑問から出てきた内容だ。


確かに。。。

幸福度って、どうやって測ってるんだ??


そこで、調べてみた。

簡単に言うと、実際に「あなたは、幸福ですか?」という質問を投げかけて、それを数値とする「主観系幸福度」と、GDPや収入、健康度などのさまざまなデータから幸福度を出す「客観系幸福度」があるらしい。


この幸福度には、宗教なども深く関係しているという。例えば、幸福度の高い国として有名なブータンなんかは、仏教の信仰心の強い国だし、貧しい国でも、宗教観で幸福感を感じている文化もあるだろう。


さらに、国民総生産のGDPならぬ、国民総幸福量、GNH(Gross National Happiness)なるものが存在するらしい。GNHは、その名の通り、国民の幸福度を示す指標だ。


松倉さんも指摘している通り、この幸福度ってヤツは、かなりブレがある。最近の僕は、工場勤務に異動になったり、家庭でも子どもたちが親離れしてきて、幸福度は40点といったところだろう。しかし、同じ工場でゲラゲラ笑いながら仕事してる仲間を見たり、残念ながら離婚してしまった仲間を見てると、自分の今の立場は必ずしも不幸ではないと思われる。


僕の周りでも、確かに、仕事もうまくいって、いい家に住んで、いい車に乗って、海外旅行に行って、めちゃくちゃリア充やん!!ってヤツもいるけど、彼は彼なりの悩みがあるかもしれない(いや、むしろ、あってほしい)。


結局のところ、人は幸せになったり、不幸な気分になったりを繰り返すし、同じ境遇であっても、その本人がそれを幸せと思うか、不幸せと思うかなのだろう。それなら、どういう状況であれ、自分は幸せだー!と思って生きたほうがいい。役者のムロツヨシは、幼い頃に両親が離婚し、親戚に育てられるという経歴を持ち、長い下積み時代を過ごしたが、「マイナスをすべてプラスに変えて生きてきた」と話している。


基本的には、収入が増えると幸福度も上がるらしいが、ある程度の収入を超えると幸福度は変わらないらしい。結局、幸福に慣れてしまうのだ。逆もまた然りで、事故などで障害を負って幸福度が下がっても、ある程度の時間が経つと慣れてしまって不幸には感じなくなる。


結局のところ、幸福度など考えないのが一番よい。


魂の叫び

いつも、僕のブログを読んでくれてありがとうございます。初めての方もようこそ!


さて、先日、ブログの読者を1日1000人まで増やすぞ!、と意気込んでみたが、僕のブログはブログなんて生易しいもんではない。


僕だって、できれば読んでいておもしろいブログを書きたい。読んでいて為になるブログを書いてみたい。でも、そんな才能は僕にはないし、人間もできていない。残念ながら。


ただ、僕は病気をしたり、いろいろ生活が大変だったりで、自慢じゃないけど人並みに苦労していると思うんだよね。ほんと、波瀾万丈。そういう人生に前向きに突っ走る様も素晴らしいと思うんだけど、人間誰しもそんな強くないよね。


そういう人間の弱いところを、こういうブログとかSNSなんかで、さらけ出すことに関しては賛否あると思うけど、僕がどんなことに悩み、どんなことを考えているのか、そういうことを素直に書くことは、ある程度価値があるのでは?と考えている。


だって、立派な人の為になる考え方とか、成功を手に入れた人のありがたいお話なんかは、本を読めばいくらでも書いてるじゃん。僕はよく本を読むし、所謂自己啓発本なんかもいろいろ読んできたし、為になる本もたくさんあったけど、本になるような人生を歩んできた人は、結局、ある意味成功しているんだよね。


でも、多くの人の人生はそううまくいってない。みんなそれぞれいろいろ悩み、なんとか幸せになりたいと願ってる。でも、悩みってなかなか人に話せないじゃない。もしくは、勇気を出してそういう悩みを誰かに話した時に、正論で返されてブルーになったことはないかい?


僕はあえて、弱いところを惜しげもなく出していきたい。無様な様をさらけ出していきたい。僕のブログは、普通のブログじゃない。僕の魂の叫びなのだ。僕の人生劇場。


こんなブログですが、よかったらまた読んでください(結局、ブログって言ってるし!)。


理想の生活

自慢じゃないが、うちは貧乏である。


僕の周りでも、「オレも生活大変だわー」とか「別に贅沢したいなんて思わないな!」なんてことを言う人がいるが、本当の貧乏を舐めないで欲しい。あんたらが「普通」と思っていること、普通にしていること、普通に買っているもの、それらがオレら貧乏人にはできないんだよぉぉぉぉぉお!


とりま、できればこのくらいのことはしたい!ということを列挙してみた。


〃遒飽貪戮楼みに行く(予算月1万円)


1日に一回コンビニでドリンクを買う(予算月3千円)


3憤促好泪曚犬磴覆、普通のキャリアのスマホを使う(予算月1万円)


ぜ駝(僕の場合、骨董)に投資する(予算月1万円)


Spotifyのプレミアム会員になる(予算月千円)


λ萋家でビールを飲む(予算月3千円)


Г修梁勝∋費(予算月5千円)


こんなところか。上記7項目のうち、3項目以上当てはまってるという人は、贅沢もんだ。このうち、´↓きΝГ亡悗靴討蓮∨莊遒海譴世韻良囘戮任海譴世瓜箸Δ海箸呂覆い掘↓Δ亡悗靴討浪鳩廚ら出して欲しいから、´↓きГ1万5千円ほどあればいい。も家計から出してもらうから、こうして書き出してみると、月の小遣いが3万円もあれば、十分充実した日々が過ごせることになる。ちなみに、今の僕の小遣いは2万円で、この小遣いから、飲み会代、ビール代、散髪代、服代(靴、鞄など含む)などすべて遣り繰りしている。よく、サラリーマンの小遣いは3万円が一般的などというか、その3万円に何が含まれるか?による。3万円もらっていても、お昼ご飯代を小遣いから出している人もいれば、昼はお弁当という人もいるだろうし、飲み会代は小遣いの範囲内でという人もいれば、小遣いとは別で嫁さんからもらっている人もいる。要は、その小遣いで、どこまで自由に使えるか?が問題なのである。


あと年収が手取りで50万増えれば、少しは楽になるのだが。



1000人を目指せ!

先日、オンラインサロンを作りたいという話をしたが、とんでもなかった。


実は、オンラインサロンのことをなんとなく知っていたが、詳しく調べていなかった。オンラインサロンで有名なDMMのサイトを見てみると、オンラインサロンやってる人って、すごい人ばっかりやんwww


ホリエモンみたいな著名人はもちろんのこと、名前は知らないけど、You Tuberとか会社経営者とかコンサルタントとかカリスマ美容師とか、その筋では有名とおぼしき人ばかりやん!普通の冴えないサラリーマンとか入る隙はないっぽい。まじかぁぁぁぁぁあ!


また、悪い癖が出た。思いついたらすぐ先走る。後先考えずに先走るオレ。


しかし、ここで諦めないのがオレ様。


みんなが注目するようなサロンにすればいい。とりま、ブログの読者を1000人にする!今、僕のブログを読んでくれている人は1日300人ほど。これを1000人にします!まずは、更新頻度を上げて、兎に角、短くてもおもしろくなくてもいいから、書く!


書いていれば、どういう記事が読まれているか?とか傾向がわかるかもしれない。1日300人っていうのは決して多くはないけれど、それでも、読んでくれている人がいる。感謝。


僕みたいなブログでも、何かしら感じてくれて、読んでくれている読者がいる。もしかしたら、僕のブログ読んで、勇気づけられたり、元気になったりしている人がいるかもしれない。


自分を信じて。胸張ってオンラインサロンを始めれるように、1日の訪問者1000人を目指すぞー!


社会的弱者のためのオンラインサロンを作りたい(続き)

僕が病気になって一番困ったのが、あまりにも情報が少ないということだ。


何をこの情報過多の時代に、と思うかもしれない。しかし、大きな病気になった人ならわかると思うけれど、欲しい情報がインターネット上にはほとんどない。恥ずかしながら、僕は自分の病気について理解を深めたい思いで、Yahoo!知恵袋や有料で現役の医者からアドバイスがもらえるサイト、同じ病気の人の掲示板など、あらゆる手段で調べようとした。しかし、僕が本当に欲しい情報には辿り着けなかった。ネット上には、その病気の原因や予防方法、治療方法や予後など、紋切り型の情報で溢れている。しかし、病気になった時に一番欲しい情報は、同じ病気になった人の生の声だ。


退院した後の生活も大きく変わった。がん患者のうち、半数が依願退職や解雇で職を失い、3割の人が収入が減っている。僕も同じ境遇を経験している。障害を持った人や難病を抱えた人などの社会参加、社会復帰は大きな課題となっている。僕は社会的弱者という言い方をしているけれど、障害を持った人や難病を抱えた人は、健康な人と何も変わらないということは決してない。


僕は社会的弱者の、社会的弱者による、社会的弱者のためのオンラインサロンを作りたい。みんながみんな強くはない。弱音を吐いてもいいじゃないか。傷の舐め合いでもいいじゃないか。自分の今の立場を悲観することなく、ひがむことなく、胸を張って生活できる手助けをしたい。まだまだ構想段階で、どうやって運営していくかは、これからだけど、オンラインサロンの名前は決めている。


パラレルワールド。別世界。


社会的弱者の生きる世界は、普通に健康に過ごしている人の世界とは同じではない。国や地域、文化や宗教が違うように、社会的弱者の人には社会的弱者の人の世界がある。私は社会的弱者ですよって、障害がありますよって、あえて、他の人と一緒じゃないって胸張って言って、それでも悲観することなく前向きに生きれる世界を作りたい。


と、偉そうに言ってるが、まだ構想段階です。具体的になれば、また報告します。




社会的弱者のためのオンラインサロンを作りたい

来年に迫った東京オリンピックに向けて、徐々に盛り上がりを見せている。


最近では、オリンピックと一緒に開催される、パラリンピックも注目を集めるようになった。パラリンピックと言うと、多くの人が「障害者の為のオリンピック」という認識を持っているかもしれないが、厳密にはそうではない。例えば、聴覚障害者や精神障害者は参加対象から外れている。その理由は、詳しくは調べれてないんだけど、すべての障害者が参加できるわけではないのである。ただし、聴覚障害者のためのオリンピック、デフリンピックや、知的障害者のためのオリンピック、スペシャルオリンピックスというのも開催されているようだ。


僕はパラリンピックについて、少し違和感を感じている。パラリンピックについてというよりも、パラリンピックを取り巻く環境についてかな。オリンピックに比べるとパラリンピックは報道など、あらゆる面で取り上げられる機会が極端に少ない。正直、僕もオリンピックに出るような選手の名前は、有名な人なら何人か知ってるけれど、パラリンピックに出る選手となると、まったく知らない。それに、パラリンピックに出れるような人はすごいと思うけれど、圧倒的に出れない人が多い。それだったら、オリンピックも同じしゃないか、と思うかもしれないけれど、健常者はオリンピックに出れなくても、仕事や趣味で活躍の場はいくらでもあるが、障害者の場合はそうではない。


それと、もうひとつ。障害者の規定について。障害者と一口に言っても、何をもって障害者というのか?これは、ざっくり言うと、障害者手帳を持っているかどうかだと思う。僕は双極性障害で精神障害3級の障害者手帳を持っているけれど、反回神経麻痺に関しては、障害者手帳の申請は通らなかった。極端な例で言うと、視力が0.1の人は裸眼ではほとんど見えていないけど、障害者にはならないし、認知症や病気で車イスを使わざるを得ないような人も障害者手帳の対象にはならない。ざっくり言うと、病気が原因で何かしらの障害がある人は、障害者手帳の対象にならない場合が多い。


と、ここまで書いて長くなりそうなので、この続きは次回。


犯人は踊る

犯人は踊る、というカードゲームをご存知だろうか。このゲームがめちゃくちゃおもしろい。


先日、家族で外食がてらショッピングモールをうろついていた時のこと。高校生の長男が、たまに友達を家に連れてくることがあって、やる事がないので、カードゲームを買いたいということになった。息子が買ったカードゲームが「犯人は踊る」。


すごい簡単に説明すると、配られたカードの中に探偵カードと犯人カードが一枚ずつ入っており、探偵カードを持った人が犯人を当てると探偵の勝ち。犯人カードを持った人は、犯人とばれることなく、最後に犯人カードを出すことができれば、犯人の勝ち。


単純なんだけど、カードの中には、他の人とカードを交換したり、他の人が持っているカードを見ることができたり、ウソをつくことができたり、いろんな仕掛けがあって、かなり、頭を使う。自分が持っていたカードが誰に流れるかをきちんと考えないといけないし、他の人が、そのカードを出した意味とかを考えないといけない。


とにかく、やってみたらおもしろいんだけど、伝わってる?説明が下手ですいません。


毎年、お正月には親戚が集まってトランプをしてるので、来年の正月は「犯人は踊る」をやろう。


| 1/25PAGES | >>

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others