只今猛省中!

またまた悩んでいる。というか、悩んでいた。

僕は自分でも呆れるほど悩む。ガラスのハートと言われたこともあるが、ちょっとしたことで悩む。今回は家族のことで悩んでいた。前にもブログで書いたけど、最近ますます家の中で居場所がない。自分だけ家族の会話に付いていけない。嫁、子ども2人、その3人だけが家族みたいで自分だけ除け者みたいな感じがしていた。

相当悩んで、中学生の同級生の女子に相談した。彼女は僕のブログもよく読んでくれていて、いつも嫌な顔ひとつせず僕の話を聞いてくれる。いつものように、「なるほどなー」、「わかる!わかる!」、「そうやなー」なんて言いながら、僕の話を聞いてくれた。あまり時間もなくて、特別彼女から答えをもらえた訳ではなかったが、自分の口で話をして、自分が悩んでいた理由がはっきり分かった。


僕は自分の幸せを基準に考えていた。


家族が自分と話してくれないのを、自分は不幸だと思った。周りの同級生達がどんどん出世していくのを見て、妬んで、自分は不幸だと思った。認知症の母の面倒を見て、めんどくさいなと思い、自分は不幸だと思った。いつもいつも、自分!自分!自分だけが幸せになりたい!と思っていた。

家族が楽しそうに会話している。自分がその輪に入れなくたって、家族が楽しくしていればいいじゃないか。自分の稼ぎが少なくたって、同級生が立派になっていくのを喜べばいいじゃないか。

自分の幸せなんて、庭の花が咲いたとか、骨董市でいいものを見つけたとか、家に帰ったらアイスを買ってくれてたとか、おまけみたいなもので十分なのだ。それでなくても、家族が健康で過ごせているだけで十分幸せだ。自分は十分幸せなのだから、あとは、周りの人を幸せにすることを考える。そう考えると妬み嫉みやっかみひがみ、そういうものが全て消えて、逆に喜びに変わった。

僕は昔、「苦労が絶えない手相」と言われたことがあって、まさにその通りの人生だなと思っていたけど、その原因の全てが自分の幸せしか考えないこの性格にあったと思う。

50を前にして、今頃気がつくなんて情けないけれど、今この時から、周りの人や動物や社会など、自分以外のすべての幸せを第一に考えるようになりたい。


展示会を終えて

昨日今日の2日間、インテックス大阪で比較的大きな展示会に出展した。

僕が今の部署に異動にして初めての展示会の仕事。右も左もわからない。始めに業者さんに展示会のプランを出してもらった時、社長はそのプランにいい顔をしなかった。何度もプランを出してもらうのも悪いからと、僕がプランを考えることになった。僕が他の人に比べていいデザインをたくさん見てるからということと、今の業者さんから出てくるプランには限界があるだろうという思いが社長にあったかもしれない。僕がプランを考えることになって、古いインテリア雑誌を引っ張り出し、デザイン系のウェブサイトでショップデザインを検索しまくってプランを考えた。プラン以外にも、パンフレットの手配、サンプル台の手配、造作の打合せなど、やることはたくさんあり、そのどれもが初めてのことだったので、慎重すぎるほど慎重に進める。それでも、展示を予定していた建具は、設置の前日に空配管が細くて配線が通らないことがわかったり、メインのスマートロックは、展示会の前日まで、製品ができていなかった。ほぼ、ぶっつけ本番の世界。

なんとか展示会に間に合って、ふたを開ければ、ブースに人が溢れかえるほどの大盛況。まれに、電気系の製品がうまく作動しないトラブルはあれど、大きなトラブルはなかった。僕は裏方なので、展示会の始まりと終わりだけに顔を出して、無事が確認できたら、あとはオフィスで他の仕事をする。後から聞いた話では社長もとても機嫌がよかったらしい。無事に展示会が終わって「お疲れ様っした!」と皆が声をかけてくれるけど、成功して当然の世界。トラブルはなくて当然で、それより、人の動線や搬出入の段取りなど、反省点も多い。大きなトラブルがなくて安心はしたけど、これで満足していてはいけない。少しづつでも、いい意味で想定外の結果を出して、自分の発言権を築く必要がある。ある程度はこうすればうまくいくという道筋は見えている。少しづつでも周りからの信頼と評価を得て、結果に繋げる。自分が見ている会社の未来はもっと先にある。

この展示会の成功は、たった1歩の歩みに過ぎない。


考える人たち

僕が参加している松倉さん主催、謎のアイデア集団がおもしろい。

謎のアイデア集団については、何度かブログに書いたけど、プランナーの松倉さんが主催する、アイデアを考える人の集まり。松倉さんから、具体的な企業や団体からのお題があり、それに対して、みんながアイデアを出す。採用されたアイデアに対しては報酬が貰える仕組み。

僕もアイデアを考えるのは好きだし、それを仕事にしたいくらいなんだけど、実際に仕事にはできてないので、こういう機会をいただけて嬉しい。

はじめにキックオフ的にワークショップやって、しばらくワークショップ続けるのかな?と思ったら、さっそく依頼が来て実践となった。今、謎のアイデア集団に参加している人は90人くらいいるんだけど、初回の新聞広告のアイデア、その次のオリンピックの映像のアイデア、共に約40人くらいの人が参加していた。

両方ともスケジュールがタイトで締め切りまで1週間くらいしかなかったんだけど、その間に出てくるアイデアの数が凄い!みんな、ポンポン、アイデアを出してくる。僕もアイデアを考えるのは、好きだし得意だと思ってたけど、僕なんかは、所詮、自分の興味のあることについてだけアイデアを出せるんだと思い知らされた。自分が興味がない、もしくは、依頼があって初めて興味を持ったことなどは、普段からのインプットが少ないから、アイデアを考えるのがすごく難しい。みんなが出すアイデアには、なるほど!と思うものも多くて、すごいなー、てなる。みんなすごいなー、と思うし、こういうことを仕事にしてる松倉さんはすごいなー、とか思うし、あまりのアイデアの出なさに自信をなくすこともあるけど、よく考えたら、簡単にアイデア出さなくて当然だよな、とも思う。だって、簡単にアイデア出せたら、それを仕事にできるんだもん。

まだ、2回しかお題が出てなくて、残念ながら2回とも僕のアイデアは採用されなかったけれど、いつかは採用されたいなー。それと、このアイデア集団のいいところは、とにかくフラットなところ。Facebookでグループを作っていて、依頼があれば、約90人の参加者全員にチャンスがある。参加するしないも自由。もちろん、どんなアイデアを出すかも自由。参加者の方は、クリエイティブな仕事をされてる方が多くて、フツーのサラリーマンなんて僕くらいなものだけど、学歴仕事性別年齢関係なく、いいアイデアを出した人が勝ち。Facebook上でやってるから、僕みたいに声が出にくい場合も問題なし!逆に声が出にくいことや、いろんなしがらみが言い訳にできないんだけどね。

もし、僕のアイデアが採用されたらご報告します。


罪と罰

お金がすべてじゃない?

本当にお金に困っていたら、そんなこと言えない。


学歴なんて関係ない?

本当に学歴に対して劣等感があったら、そんなこと言えない。


生きてさえいればいい?

本当に死を覚悟しなければいけない病気だったら、そんなこと言えない。


気休めはもういいよ。

犯罪に手を染める人も、自ら命を絶つ人も、僕らには理解できない理由がある。

それを罪と言うならば、裁く権利が僕らにはあるのだろうか。


セルフレジの技術が凄い

昨日は嫁さんの誕生日で、家族がそれぞれプレゼントを贈った。

娘は手作りのアクセサリー、僕からはケーキ、息子からはサニーサイドのパンをプレゼントした。僕は家族の誕生日は、基本ケーキを買うと決めていて、娘は、いつも手作りのものをプレゼントしている。嫁さんと付き合っていた時も、誕生日などは手編みのマフラーやセーター、バレンタインのチョコレートも手作りだったので、母親譲りかもしれない。息子は大体、昼ご飯をご馳走するなどのお金で解決するパターンが多い。自分が中学生や高校生の頃は、親にプレゼントなどしていなかったので、気持ちだけでも嬉しい。

息子のおごりでサニーサイドへ向かう。少し早めのお昼を買いに行ったつもりが、店内はすごい人だった。若くてオシャレな感じのお客さんが多い。サニーサイドで食パンを買う人を見て、「ブルジョアかよ!」と思う。サニーサイドもセルフレジが導入されていたが、それがすごかった。セルフレジ自体は、最近増えてきているので、特別、驚くことはないが、サニーサイドのセルフレジは、光る樹脂の台にパンを乗せると、上に付けられたカメラがパンの種類を読み取って、自動で金額が出る。読み取る時間も1秒くらいで読み取ってしまう。機械が自身がない場合は赤い文字になって、店員さんが確認して間違っていると打ち直す。


パンですよ。。


確かに、見た目が違うパンは見分けが付いても、人が見ても見た目が似ているパンはたくさんある。例えば、つぶあんパンとこしあんパンとか、ピザ、ベーグル、デニッシュなんかは、具材が微妙に違うだけで見た目はそっくりだ。それを見事に見分けている。ちょうど、最近読んだ「武器になる哲学」という本に、人はその実体を知らなくても判断することができる、みたいなことが書かれていた。例えば、テレビに見たこともない種類のネコが出ていたとする。でも、ほとんどの人は始めて見たにも関わらず、「ネコだ」と判断できてしまう。これがAIには非常に難しく、例えば、イヌとネコの何が違うのかということをAIは判断できない。結果、莫大な数の画像を覚えさせることで、判断させるという手段を選ばざるを得ないのだ。サニーサイドでも画像を記憶させて判断させているのだろうが、非常に似たパンを1秒程度で判断するのは恐れ入る。まさか、近所のパン屋でAIの技術の進歩を目の当たりにするとは思ってもみなかった。

サニーサイドでは、会計はセルフレジだが、包装は店員がするというスタイルだった。しかし、包装もセルフでということになれば、店員はいらなくなる。人の仕事がAIに取って代わる時代は、すでにそこまで来ているのだ。


10連休日記10日目

10連休も最終日。

この連休中に海外に行った人は80万人を超えるという。多いなぁと思うけど、100人に1人も行ってないんだな。僕と同じように、この連休中に特にどこに行くこともなく過ごした方も多いだろう。

僕も特に旅行などには行かなかったけど、自分と向き合う旅に出かけたようなものだった。これまでの自分を振り返って、反省や後悔も多い。時には自分のやるせない気持ちをブログにぶちまけた時もあった。いろんなことを考えたので、ここでは一言では言えないし、機会があれば、またゆっくり話そうとは思うけれど、ここではとりあえず、もう一度、やり直すチャンスをくださいとだけ話しておきます。

これまで自分がやってきたこと、話してきたことなどは今さら取り消すことはできません。それらに対するご批判などは受け止めようと思います。それらによって、僕から離れていく人もいると思う。そういうことも、全て受け止めようと思う。でも、できることならやり直したいんです。具体的になにをどうすればいいのかは分かりません。ただ、正しいことをしたい。仕事に対してはこれまで以上に前向きに頑張りたい。人と比べることをせず、ただ自分と向き合える人になりたい。

ブログは続けていくので、暖かく見守っていただけると嬉しいです。


10連休日記9日目

昨日の夜から嫁さんの実家に行く予定だったが、急遽、息子の部活が入ったので、午前中の息子の部活が終わるのを待っていっしょに嫁さんの実家に行くことにした。

午前中は暇なので、謎のアイデア集団の宿題にとりかかる。テーマは、「本屋が生き残る方法を考えよう」。まずは、「本屋」と「フェス」でマインドマップを作る。ここまでが宿題。マインドマップを作りながら、同時にいろんな考えが頭を巡り、なかなかフラットに考えることができない。難しいなぁ。

息子は10時半まで部活で11時には帰ると聞いていたが、まったく帰ってこない。アイデア集団の宿題も一息ついたので、とりあえず寝る。結局、息子が帰ってきたのは12時半。1時間半遅刻!息子がシャワーを浴びるのを待って嫁さんの実家に向かう。

嫁さんの実家でお昼を食べて、また寝る。3日以降、とにかく寝てる。起きていると、いろいろ余計なことを考えてしまうので、とにかく寝る。それでも考えてしまう。いろいろ考えて、いろんなことをやめることにした。まずはアイコス。身体にもよくないし、お金の無駄。前にも書いたけど、タバコ(電子タバコも含めて)は健康でお金のある人が吸えばいい。あと、SNSもやめることにした。基本、FacebookとInstagram。暇つぶしにはいいかもしれないが、有益な情報が少ないし、僕の場合、妬み嫉みやっかみ羨みが過ぎるので、プラスよりマイナス要素が多い。

と言うわけで、今後、ブログを書いてもFacebookでシェアしません。読みたい人は読んでくれたら嬉しいし、コメントなどもいただけたら嬉しいです。もう、いいわ!って人はスルーで。


10連休日記8日目

昨日から、嫁さんと娘が嫁さんの実家に帰っている。

今晩から息子といっしょに合流する予定だが、とりあえず、嫁さんがいないので、朝起きて自分と息子の朝食を作る。作ると言ってもパンと目玉焼きを焼くくらいだけど。今日は燃えるゴミの日なので、各部屋からゴミ箱を集めて、ゴミ袋にゴミをまとめる。部屋の掃除と息子の弁当は、息子が自分でやってくれた。息子は息子なりに気を遣っているのだろう。遠慮なくやってもらう。息子が部活に出かけた後に、洗濯機を回す。今日は特にやることがない。ていうか、やる気がまったく起こらない。朝からウトウトする。気付けば、もう昼前だ。昼飯に天津飯を食べて、図書館に向かう。予約していた本が届いていた。図書館から帰って、本を読む。しかし、ぜんぜん集中できないので、昼寝をする。起きたらもう16時を過ぎていた。近所のスーパーに晩ご飯の買い物に行く。今日は、餃子と麻婆茄子とワカメスープ。デザートにアイスも買って帰る。

Facebookを眺めていると高校の同級生がバーベキューをしている。Facebookに出てくる同級生は、みんなそれなりになっている。リア充か。同じ高校に通っていたのに、どこで差がついたのか?

明日は息子と嫁さんの実家に向かう。


10連休日記7日目

ブログを書いてて、もう10連休7日目か!、ってなる。休みの日は時間が経つのが早い。

昨日から和歌山ひとり旅を敢行している我輩であるが、矢部さん宅でお酒を嗜んでいるうちに、気付いたら寝てしまっていた。最近、お酒にはめっぽう弱くなって、特にワインを飲むと寝てしまう。22時過ぎに矢部さん宅を出て、近所の空き地にテントを張る。矢部さんが空き地まで送りに来てくれた。寝袋で寝るも、テント下の石が当たって痛いのと、寒さで眠れない。実は最近、睡眠障害で眠たいのに眠れない日が続いている。今、何時だ?と時計を見たのが2時半。寝ていたのか、起きていたのかもわからない。朝4時には耐えられなくなって、眠れないなら、道が空いてるうちに帰ろうと思い立ち、さっさとテントを片付けて帰路についた。

往復10時間の運転。運転中にいろいろなことを考えた。病気のこと、家族のこと、仕事のこと。考えれば考えるほど、反省と後悔しかない人生。なぜ、あの時会社を辞めたのだろう?、なぜ、あの時嫁さんにあんなことを言ったのだろう?、なぜ、あの時・・・。

病気になって、生活が苦しくなって、僕は自分の運命を呪った。でも、考えれば考えるほど、すべて自分の行いの責任だったと思い知らされる。自分に甘く、いつも誰かの責任にして、自分の弱さから自ら不幸を招いた。病気になったのも、バチが当たったのだろう。思い起こせば、いくつかのターニングポイントがあった。うつ病になった時、インターオフィスを辞めた時、甲状腺がんになった時だ。

僕は33歳の時、念願のインターオフィスに転職した。そこは、まさに自分の希望の職場だった。やりたい事を、自分の好きな環境で、やりがいを感じながら仕事をすることができた。しかし、仕事は激務だった。残業は月に100時間を超え、休日出勤もしばしばだった。そして僕はうつになった。当時、支店長は、「家を買ったプレッシャーではないか?」と言っていたが、明らかに働きすぎだった。心療内科の先生からも、働きすぎが原因だと言われた。当時の支店長の言葉と、残業の多い会社の体質に反感を覚えるようになった。次第に僕は転職を考えるようになった。これは、僕がただのうつではなく、双極性障害だったことも大きく関係している。僕は覚えていないのだけれど、インターオフィスを辞める際、「僕はこんな給料しかもらえないはずはない」みたいなことを言ったと、後に支店長から聞いた。これが事実だとすれば、明らかに躁の症状だ。おそらく、この時にすでに双極性障害になっており、医師からそのような診断をされていれば、転職を思い留まっていたかもしれない。嫁さんに相談した時も、嫁さんは転職に反対しなかった。反対しなかったどころか、「嫁さんが望むなら転職してもいい」と言ったことを覚えている。僕は、自分の決断を、自分の責任の元に決めることができず、支店長や病気や病院の先生や嫁さんに責任を転嫁した。甲状腺がんになり、音声障害から工場勤務になった時もそうだった。僕は病気のせいで工場勤務になったと思っていたが、実際は違っていた。僕の営業成績は悪かった。病気になっていてもいなくても、おそらく僕の製造部異動は変わらなかっただろう。僕が病気になったのは、ある意味僕にとって「都合がよかった」。言い訳ができたから。また、それ以上にタチが悪いのが、僕は病気になって卑屈になった。なんで自分だけがという思いや、病気になった自分を憐れんで欲しいという思い、病気と闘い、障害を乗り越えて新たな人生を歩めるよう、前を向いて進むことをしてこなかった。

今からでも人生をやり直したいという気持ちはある。でも、無理だろうなと思う。双極性障害は治らないと言われているし、性格も今更、変えられない。悪いことはわかっているが、もうどうしようもない。

そんなことを考えながら、ハンドルを握っていた。


10連休日記6日目

昨年、キャンプを趣味にしよう!と決めて、アマゾンでテントと寝袋を購入したにもかかわらず、まだ1回しか行ってないので、この連休中に行くことにした。

滋賀県に無料のキャンプ場があったので、そこに行こうと思ったが、Facebookで、お世話になっている建築家の矢部さんが和歌山の別宅に行ってることがわかったので、急遽予定を変更して、矢部さん宅にお邪魔することにした。

矢部さんに連絡したら、おいでということだったので住所を聞くと、めちゃくちゃ遠い!和歌山市内からかなり下に行った日高町というところだ。お金はないが時間はあるので下道をキメて行くことにした。

ついでに、昨年、御朱印集めを趣味にしよう!と決めて、まだ2箇所(しかも地元の神社)しか行ってないので、和歌山のお寺と神社も周ることにする。

カーナビに目的地の矢部さんの住所を入力すると、下道で5時間かかるとのことだった。昔サーフィンをやっていた時に、下道で伊勢まで行っていたのでこのくらいは慣れている。途中、休憩を入れながらゆっくり行こう。

GWということだったが、以外と道は空いていた。高速はかなり渋滞してるらしい。金払って楽しようとするから、そういうことになるのじゃ!がはは!

和歌山市内には、3時間ほどで着いたのでコンビニで昼飯を買い、まずは和歌山市内のお寺を周ることにした。御朱印マップというアプリがあり、その名の通り、御朱印がいただけるお寺や神社がマップになっている。お寺の規模とか詳しいことはわからないので、とりあえず近いところから攻めてみると、1軒目のお寺は社務所がまさかの休み!まあ、こういうこともあるわな、とお参りだけして2軒目へ。2軒目も社務所は閉まっていたが、「御朱印の欲しい方は、このボタンを押してください」と貼り紙がされている。とりあえず、ボタンを押そうとするが、ボタンが2つある。


どっち??


とりあえず、右のボタンを押すが反応なし。次に左のボタンを押してみるが、やはり反応がなかった。ここでスゴスゴと帰るワケにはいかないので、ボタンを連打してみた。やはり反応がないのでベンチに腰掛けてインスタをチェックしているとおばあさんが出てきた。

「御朱印いただけますか?」

聞いてみると、

「はいはい、おやくさんですか?」

おやくさんとは薬師如来のことらしい。おばあさんはすごい達筆で、よい御朱印をいただけた。

最後にもう1軒周って、矢部さん宅へ。17時に着いて、さっそくビールをいただく。地元の野菜と魚を使った料理をいただきながら、楽しい時間を過ごす。うまうま。

矢部さんは泊まっていったら?と言ってくださったが、すいません、キャンプしたいんで、と言って、近くの空き地にテントを張ることにした。

つづく。


| 1/24PAGES | >>

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others