謎のアイデア集団の巻第2話

ほんでもって、謎のアイデア集団の話。2回目。今日は、どういうワークショップだったかを書こうと思う。

最初に松倉さん(株式会社ぬえの代表であり、このワークショップの主催者)から、アイデアの出し方について説明がある。アイデアの出し方、誰でもアイデアを出すことができること、アイデアを出し合う時のポイントなど。ひと通り説明が終わると、さっそく今日のテーマの発表。プロジェクターに数字が現れる。6420000トン。これがなんの数字かというと、年間に日本で廃棄される食料品の数字。飢餓で苦しむ人々のために世界中から援助される食料品が年間320万トンだから、その倍近くの食料品が日本では捨てられていることになる。これは、世界ワースト1位らしい。今回のワークショップのテーマは、日本の食品廃棄率を下げる方法を考えてください、という内容。

まずはマインドマップを作成する。真ん中に「食料」と書いて、それから連想されるキーワードを数珠つなぎで書いていく。思いついたらどんどん書いていく。例えば、食料→ファミレス→禁煙席→タバコといった感じ。今度は「食料」と対極にあるキーワード、「飢餓」のマインドマップを作っていく。

次にマインドマップで出てきたキーワードをつないで、新たな気付きを得る。アイデアに興味のある人が集まっているだけあって、さかんに意見が出る。僕は、すぐに意見を出せないタイプだと気付かされた。他の人が言った意見に対し、その意見をよく咀嚼して考えてしまう。否定するわけではなくて、その人がなぜ、そのような意見に至ったのか?、その人の意見は、どのようなことを意味するのかをじっくり考えてしまう。次々と意見を出すみんながすごいなと思う。そういえば昔からそうだった。小学校、中学校の時も、みんながAだ!と言ってる時も、ほんとにAだろうか?Bの可能性はないだろうか?と考えてしまう癖があった。中には、すぐにスマホで調べて意見を言う人もいる。そういう時代だなぁと思った。

最後にチームで意見をまとめてアイデアシートを作成し、気に入ったアイデアシートにシールを貼っていく。たくさんシールを貼られたアイデアを順番に順位を付ける。僕は野菜くずで美味しい料理を作ってくれるお店、というアイデアがいいな、と思ったけど、シールが集まったアイデアは、無駄にした食品の量だけの化石が家に届く、とか、お腹がいっぱいになった人にしか聞こえない音楽が聞こえる、とかだったけど、僕の中では、これらはないな、というアイデアだった。性格がマジメすぎるのだろう。アイデアが面白いかどうかではなく、そのアイデアが効果があるかどうか?を考えてしまう。僕は以前、アイデアは国民を救えるか?というブログを書いたけど、アイデアは直接問題解決するのではなく、気付きを与えることが大事だと松倉さんは言ってた。

おもしろい!と思えることは大切。それがきっかけで気付きを与えるから。でも、僕は目の前の問題を解決したい。マジメか!


謎のアイデア集団の巻

今日は待ちに待った松倉さん主催、謎のアイデア集団ワークショップの日。

謎のアイデア集団のことは、以前ブログでも書いたけど、プランナーの松倉さんがみんなでアイデアを出そー!って呼びかけたら80人くらい集まっちゃったってプロジェクト。僕も仕事で活かせそうだし、自分を変える刺激になれば、と思って参加することにした。

楽しみにしてた筈が、先週くらいから、また鬱の症状が、、、。一昨日くらいまで、行くかどうか悩んでたけど、直前に復活した。

今日のワークショップは、50人くらいの人が集まるとのことで、場所は、パナソニックさんがWonder Labという空間を提供してくれた。このWonder Labってところが超イケてて、パナソニックすげー!ってなる。やっぱり大企業は違う。

基本、人見知りなんで緊張してたけど、松倉さんの名刺交換とか自己紹介とかメモとかいらないですよー、って呼びかけに一気にハードルが下がる。いざ、ワークショップが始まって、みんなでいろいろ意見を出し合う状況になって、あわわってなる。自分の声が聞こえてないから、発言できない。。僕は5年前に甲状腺がんになって、その影響で反回神経麻痺と言って、声帯を動かす神経が機能してないのです。居酒屋とかファミレスなんかのガヤガヤしたところでは、僕の声はほとんど聞き取れません。みんなでアイデアを出し合ってる時も、途中からどうやってみんなとコミュニケーション取ろうか?ばかりが気になって、アイデアどころではない。そういえば、ものづくりセッションの時もそうだった。自分からプレゼンさせてくださいー、と言っときながら、いざプレゼンが始まるとマイクを通した僕の声はほとんど聞き取れないようで、場の空気が凍りつくのを目の当たりにして、顔から火が出る思いだった。いつも、そう。いろいろ言いたいことがあって、みんなに喋ってるイメージを浮かべるけれど、結局聞こえなくて、その状況にブルーになる。みんな、聞こえてるよー、とか声が出ないくらいなにさ!って気休め言ってくれるけど、当の本人は辛いのよ、ホント。

愚痴や弱音吐いてゴメンよ。でも、どこかでガス抜きしないともたないんよ。松倉さんが今後の話をしていて、基本はFacebook上で展開するみたいなことを話していたので、少し安心する。正直、毎回こういう感じだと、毎回自己嫌悪との闘いになるので自身なかった。

病気になってから、人が集まるところは避けてきた。でも、自分が興味のあるところには、どんどん出ていかないといけないと思ってる。声が出ないことはビハインドだけど、声を出さないといけない状況でいかに自分を表現するか?は、これから自分が向き合っていかないといけないテーマだと思ってる。この状況に慣れていかないといけないし、自分が変えていかなくちゃいけない。

声が出ないアイツが一番発言してる!そう思わせるような自分に変わるんだ。




節煙のすすめ

1年ほど前からアイコスを吸っている。

実は30歳くらいの時に一度煙草は「やめた」のだけど、また吸い始めてしまった(正確には「やめた」わけではないのだけれど、ここでは話がややこしくなるので便宜上、「やめた」と表記しておく)。煙草を吸い始めたのは17歳の時、当時髪を肩まで伸ばした暑苦しいヘビメタ男子で、Rockといえば酒と煙草という感じで、軽音楽部の周りのツレとつるんで学校の近くの田んぼのあぜ道やプールバーで煙草をふかしていた。

煙草をやめようと思ったのは、特に理由はなかったのだけれど、当時は1日1箱くらい吸っていたので、急にもったいないと感じて、煙草代を本やCDに使うことにした。10年以上吸っていた煙草だけど、以外とあっさりやめることができた。当時、笑っていいともを見ていたらタモリさんが、煙草を吸いたいという欲求は十数秒しか続かないから、その十数秒を我慢すれば煙草はやめれるという話をしていた。僕は実際、この方法で煙草をやめた。煙草を吸いたいと思ったら他の事を考える。そうすると確かに吸いたいとは思わなくなった。

煙草をやめるコツは、「やめる」と決めないこと。僕の場合は、やめることを誰にも言わなかった。吸いたくなったら吸えばいいくらいの感じだった。「やめる」と決めてしまうと、我慢できなくなった時に、「あー、ダメだ、禁煙やめた!」となる。選択肢が「吸う」か「やめる」かの二者択一になる。「やめる」と決めるから、かえってやめれない。実際、僕は基本的には吸ってなかったが、飲み会の時など、どうしても吸いたい時は吸っていた。今は吸いたいけど、明日からまた吸わない。禁煙ではなく節煙を心がける。この方法で、普段は吸わないことに成功した。

1年ほど前に復煙してしまったけど、最近また節煙をしている。基本的には吸わない。吸いたい時だけ吸う。まわりからは、「やめたんちゃうんかー!」と言われるけれど、誰もやめるとは言ってない。減らすだけ。極端に減らす。僕の場合は、今は1日1本以下を心がけている。なかなかやめれない人は、1日2本とか、週に1箱とかを目標にすればいいだろう。やめるコツ、減らすコツは、基本的には煙草を買わなければよい。買いたくなったら我慢する。そう、究極的には我慢するしかない。まあ、いっか!と買っちゃうから吸ってしまう。買ってもいいけど、今月はこの1箱で乗り切ろうという気持ちで我慢する。わかっているとは思うけれど、やはり優柔不断な人はやめれない。

僕の場合、大きな病気をしたし、本当はやめたほうがいいのだけれど、煙草を吸うのは自分へのご褒美みたいな感じで吸っている。まあ、健康でお金に余裕のある人は吸ってもいいけど、少しでもやめようかな?と思ってる人は、節煙してみてください。


人との付き合い方

桜も満開の時期を過ぎ、葉桜の季節になってきた。

新学期。新年度。この時期は出会いや別れの季節でもある。この春から新しい学校や会社に行く人もいるだろう。新しい環境では人との出会いが欠かせない。基本的にはいい人が多いけれど、中には自分と合わない人もいる。なんだよ!こいつ!と思うことも少なくない。

僕は苦手な人ほど、自分から話しかけるようにしている。営業をしていた時もそうだった。苦手な客先ほど足繁く通う。自分の会社の商品をよく使って頂いているお客さんの場合、基本的には悪い印象はないので、付き合いやすい。しかし、あまり使ってくれていないお客さんは、やはり何かしら原因があって使ってくれていないので、煙たがれることも多い。でも、あえてそういうお客さんのところに何回も通う。そうすると、そのうち心を開いてくれるようになる。閉ざした心を一度開いてくれると、そこから急にその人に近づくことができる。まさに、懐に入るのだ。特に仕事なんかで、こちらにきつく言ってくる人は、自分に期待してくれていたり、自分が相手に頼られている場合も多い。僕も以前勤めていた会社で、いつも無理を言ってくる苦手なお客さんがいた。会社を辞めることになって挨拶に行くと、「あんたには、いつも無理を言ってたけど、いつもすぐに動いてくれたから、いつかお返ししたいと思ってたのに残念」と言われたことがあった。僕はそのお客さんがホントに苦手だったので、まさかそんな風に思われているとは知らなかった。僕は、その人の懐に入れなかったのだ。懐に入ってみると、実はいい人だったということも実は多い。SMAPの歌じゃないが、育ってきた環境が違うから、価値観や考え方が違うのは仕方がない。自分の価値観で相手を見てしまうからうまくいかない。もともと、人は自分とは違うのだと、相手の価値観を尊重することが大切だと思う。それでも、どうしても合わない人もいる。そんな時は、その人とは付き合いをやめる。嫌いになるのもパワーがいるし疲れる。無駄に疲れるのはもったいない。

逆に、お互い良い印象を持っていたのに、何かのきっかけで嫌な部分を見てしまうと、そこからどんどん相手の嫌な部分しか見えなくなることもある。夫婦や恋人との関係なんかがそうだ。お互い好き同士だったのに、これも何かのきっかけで相手の嫌な部分が見えてしまう。こんな人のはずじゃなかった、こんな人を好きになったはずじゃなかったと、好きという気持ちの反動で、相手のことがどんどん嫌いになってしまう。相手を否定することでしか自分を正当化できなくなり、そうなるともう、泥沼である。この場合も、相手は自分とは違うのだと、相手の価値観を尊重することが大切だ。

「思いやり」。この気持ちがあれば人間関係なんてうまく行くのだが、なかなかうまくいかないもんだ。


人生の頂点

今年で49歳になる。

いつまでも若いつもりが、もう還暦前のオッサンになってしまった。

僕は30代の頃から、50歳で人生の最高潮を迎えるように人生設計をしてきた。いろんな占いで大器晩成型と言われてきたし、ちょうど30代の頃にやりたいことが見つかって、とりあえず、そのやりたいことに向かって転職し、40代で実績を積んで、50歳で公私共にスーパーサイア人のように覚醒する予定だった。お洒落なジャケパンに身を包み、ロマンスグレーの髪を短く刈り込み、行きつけのバーでウォッカを嗜み、週末はサーフィンを楽しむ。30代当時の僕は、仕事もプライベートもとにかくスマートで完璧にこなすのが理想で、覚醒するまで50歳までかかるだろう、いや、50歳だからこそ漂う男の色気みたいなものに憧れを持っていた。当時読んでいたLEONの影響も大きい。あぁ、ちょいワルオヤジ。

実際には紆余曲折があって、思い通りにはいかなかったけれど、今は来年の50歳に向けて順調に歩んでいる。今年から任された今の仕事はとても面白いし、プライベートも充実してきている。このまま順調に進めば、来年の50歳は、本当に最高の50歳を迎えれそうだ。僕のイメージでは、50歳が最高潮というわけではなく、50歳から新たな人生が始まるイメージだ。僕の中では50歳からが、人生の醍醐味。まさに、ジローラモ!

今から、来年の誕生日が楽しみでたまらない。


| 1/110PAGES | >>

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others