謎のアイデア集団の話

松倉さんのことを始めて知ったのは、確かDESIGNEAST01の時。

松倉さんがDESIGNEASTのトークセッションで話をしていて、その話を聞いて、なにこの人!めっちゃおもろいやん!、とその話に引き込まれた。まさか、その松倉さんとその後いっしょに仕事ができるなど、その時は考えもしなかったが、それ以来、松倉さんは僕の人生に影響を与え続けている。

松倉さんは、一応肩書きはプランナーになると思うんだけど、肩書きを付けるのが難しいほど、いろんなことをやっている人。企業や学校、公的機関などが抱える問題や課題を松倉さんのアイデアで解決してくれる。

その松倉さんは、ずっとnoteでブログを書いていて、その記事がこれまた期待を裏切らないおもしろさなんだけど、昨日の記事が最高だった。それが、これ。


https://note.mu/sbr/n/n72b4ce726d8a


読んだ瞬間、脳天からつま先にかけて電流が走った。心臓の鼓動が激しくなるのがわかる。このまま、スーパーサイヤ人になるのでは?と思ったよ。それほど衝撃だった。この前のブログで、今、いろんなことで悩んでいると書いたけど、すべての悩みが吹っ飛んだ。結局、僕は悩んでいる訳ではなかったと気付いた。iPhoneが充電されたまま放置されてる感じ?わかるかな。僕は双極性障害だけど、悩んでいると言ってもいつもの鬱状態とは違うのは自分でもわかっていたし、ただ何か物足りなさを感じていた。吐き出したいパワーが溜まっているのに、それを吐き出す術がわからずに鬱々としてる感じ。そう、この有り余るパワーを吐き出したい!それには、打って付けの提案だった。

松倉さんは、副業と書いてるけれど、僕にとっては、お金なんかはどうでもいい。昔からアイデアを出すのは大好きだった。単行本と同じ大きさのノートがあればいいのにと思ってたら無印良品から出たし、ワンカップのワインがあればなぁと思ってたらサントリーが発売した。10年くらい前に、ナンパ目的の男女が集まるバーを考えて、当時難波にできた施設をもじって「なんぱパークス」と名前まで考えてたら、最近、相席居酒屋なるものが流行っている。僕が考えることは、みんなも考えているかもしれないけれど、それを口にしたり、実行に移せる人は少ない。後先考えずに行動に移せるところは、僕のいいところでもあり、悪いところでもある。けれど、今回の松倉さんの提案はワクワクが止まらない。そうだ。松倉さんとの打合せの時は、いつもワクワクしていた。それがいい刺激になっていたし、鬱々と考え込むこともなかった。

同じようなことを考えている人は多いようで、すでに申し込みが殺到しているらしい。僕も0期生になりたい。アイデアを出すのは人種が多いほうがいい。僕には双極性障害で癌のキャリアでもあるという強みがある。僕のアイデアが人を救う。今から考えるだけでもワクワクが止まらない。


悩める子羊

しばらくブログをサボってたら、すっかりアクセス数が減ってしまった。だはは!

実は今、モーレツに悩んでいる。そして、この悩みは、なかなか誰にも相談ができない。相談ができないというか、たぶん、答えが出ない。当然、ブログにも書けない。ふざけたように書いてるけれど、実は真剣に悩んでいる。そして、悩みはひとつではない。いくつか悩みがあって、その何れもが内容が重い。悩んだ時は、とにかく寝る。真剣に悩んでいると言いながら、不思議とよく寝れるので、とにかく寝て、悩みから逃げる。朝起きて、あー、また悩みと向き合わなければ!と落ち込む毎朝である。おまけに、最近では、コタツに潜り込んで、そのままリビングで寝てしまうパターンなので、家族から孤立し、これがまた悩みのひとつになっている。

しかし、病気以外のことで悩めるなんて、なんて贅沢なんだろうと思う。僕が病気で頭がいっぱいの頃は、とにかく健康でさえいれば十分だった。健康に過ごさせてください、他には何もいりません、てな感じで。ところが、最近は体調がいい上に、再発転移もせず順調にきてるから、脳が調子に乗っている。人間とは、なんと欲深い生き物なのか。健康に過ごせればよかったんじゃないの?

それでも悩んじゃうのが人間なのだ。誰か話を聞いておくれ。とりあえず、悩みが解決しなくてもいい。僕の話を聞いて欲しい。お誘い待ってます。


人生の平均

僕が以前勤めていた会社でお世話になっていたC社のOさんと久しぶりに会って話をした。

以前の仕事は、オフィスの提案をする仕事で、自社でデザインした空間のパースをOさんにお願いしていた。Oさんはグラフィックに長けていて、こちらの無理難題を快く受けてくれ、毎回こちらの想像を超える仕上がりだった。

当時はお互い夜遅くまで仕事をしていて、夜中にお互いひとりオフィスに残って電話で打合せをしたりして、同じ釜の飯を食った仲ではないが、まるで戦友のような間柄である。僕といっしょでOさんもうつ病経験者で、お互いの苦労を分かち合える仲でもある。

Oさんが心療内科の先生から聞いた話では、うつ病も現代病だと言う。今の世の中は便利になり過ぎて、一億総中流社会だ。分譲マンションに住み、ミニバンに乗り、スマホを持って、家に帰るとルンバが掃除をしてくれている。情報が多すぎて、テレビやネットで「平均的な暮らし」がどういうものか嫌でも分かる。そもそも、僕らは産まれた時から、この「平均」に惑わされている。産まれた時の体重が「平均」と比べてどうか、「平均」では何才から言葉を発するようになるのか、学校に行けば「平均点」があり、社会に出れば「平均年収」が嫌でも耳に入る。僕らは、自分が「平均」より下だと知ると、自分は劣っていると感じるらしい。

昔は、みんなが1日1日を生きることで精一杯だった。しかし、今ではニートでも引きこもりでも普通に暮らしていける。中途半端な「平気的」な豊かさが、僕らの心から豊かさを奪う。

特に家族がいると、家族には「平均」以上の暮らしをさせたいと思う。これは、子供たちに、自分は「平均」以上であると思わせたいという感情に他ならない。

「平均」自体が何の意味もないことを、「平均」以上であることが決して豊かな人生でないことを僕らは早く気付くべきだ。


節分

早いもので、もう2月。

我が家では、節分も家族の年間行事のひとつになっている。別に大したことをする訳ではなく、ただ他の家庭と同じように豆まきをし、巻き寿司にかぶりつくだけのことなんだけど。

今年は高校生の長男が節分の日にユニバに遊びに行っていた。遅くなるだろうとは思っていたが、何の連絡もなく、おそらく存分に楽しんでいるのだろう。仕方なく、嫁さんと娘と3人で巻き寿司にかぶりつく。今年の恵方は?と嫁に聞かれ、慌てて恵方コンパスというアプリをダウンロードする。東北東ということはわかっていたが、こういう縁起物には慎重になるタイプなので、正確な方角を確認する。3人で同じ方向を向いて無言で恵方巻きを頰張る。恵方巻きは嫁さんと娘がいっしょに作ったサラダ巻きだ。

息子が帰ってくるまで豆まきは待つことにして、結局、息子が帰ってきたのは9時半を過ぎた頃だった。楽しかったー!とユニバでの出来事を楽しそうに嫁さんに話している。僕はひとりウイニングイレブンに興じていた。

息子は高校に入ってから、急に僕とは話をしなくなった。以前、息子とふたりでお昼ご飯を食べてる時に、「最近、パパとは話さなくなったね」と言ったところ、息子は泣き出してしまった。思春期の難しい年齢だ。ただ、自分と話をしなくなったことが寂しかっただけなんだけど、余計なことを言ってしまった。

我が家では、節分の日に家族が交代で鬼のお面を被って、豆まきをする。

鬼はー、外!福はー、うちっ!

高校生になっても、こうしていっしょに豆まきをしてくれる息子。自分は病気になったことや生活が苦しいことを卑下していたけど、こうして家族がいる。

この時が、ずっと続けばいいな、と思った。


検査結果

今週は慌ただしい。

商品部が僕1人になったので、やることはたくさんあるが、その仕事のほとんどが社長の意向を汲みながら進めていかなくてはいけないので、チェックしては修正しを繰り返しながら社内や協力業者さんとの調整も進めていかなければならない。

家にいても仕事のことが気になるような悪いスパイラルに入っているが、今日は昼から仕事を休ませてもらって、先週の検査結果を聞くためにいつもの病院へ診察に行く。

今日のめざまし占いでは、蟹座は3位。まあまあだな。ラッキーポイントはレストランの新メニューだったので、験担ぎに病院の近くのガストに入り、新メニューを探す。ちょうど1月からご当地麺フェスタをやっていて、悩んだ挙句に松山の鍋焼きうどんを頼んだ。「セットでよろしかったですか?」と聞かれ、すかさず「単品で!」とお願いする。お肉の甘みがダシに染み込んで以外とうまかった。

病院は人でいっぱいだった。こりゃ、待たされるな、とベンチに腰掛けてスマホをいじる。2時の予約だったが、3時になっても名前を呼ばれることがなく、やる事もなくなってまどろんできた頃には、患者さんは、僕以外にほとんどいなかった。僕は毎回予約時間の30分から1時間前には病院に着いて先に受付を済ませている。おまけに予約までしているのに、なぜ自分が最後の方なのか謎である。これは今回に限ったことでなく、これまでも何回かあって、どうせ最後になるのなら3時半くらいの予約にして欲しい。プンプン!

結局、3時40分頃にようやく名前を呼ばれ、診察は5分ほどで終わった。先週のレントゲンの検査では異常はなかった。一安心。ついでに家族問題となっている僕のいびきについても聞いてみた。僕の予想では、首の手術をしているので、絶対にそれが原因だと思っていたが、見てもらったところ、特に問題はなさそうとのこと。おまけに先生が甲状腺の専門なので、気になるなら近くの耳鼻科に行ってほしいとのことだった。今ですでに病院に行きまくっているので、これ以上病院には行きたくない。

次は3ヶ月後にエコー検査。次の検査で異常がなければ手術をしてから、丸6年になる。1年1年を大切に生きたい。


| 1/106PAGES | >>

ブログランキング参加中!

categories

archives

recent comment

others