house / atelier I

木村松本建築設計事務所さんのオープンハウスへ。

交野市の静かな住宅街に全面ガラス張りのファサードが開放的な外観が現れる。

独り住まいの作家さんのアトリエ兼住宅。道路に対して平行四辺形の形をしたその住宅は、潔いほどの構造現しの建築である。構造に最低限の仕上げの壁と余計なものを極限まで削ぎ落とした照明や水周りの設備。ローコスト住宅などとは決して一括りにできない、住まいとは何かを感じさせる、暮らしという人の営みを感じさせる住宅だ。

平行四辺形という形状に住宅を真っ二つに斜めに分ける階段は、空間を柔らかに分断し、空間に広がりを感じさせながら、決して狭さを感じさせることがない。

1階の奥に水周りをまとめ、浴室からは京の町屋のような庭園を眺められる。2階には茶室も設けられ、和と洋の空間が違和感なく交差する。

すでにお施主さんがお住まいの住宅は、無造作に置かれた家具や本や観葉植物などが空間にうまく馴染み、生活感が溢れるわけでもなく、スタイリッシュでもなく、絶妙に居心地のよい空間となっていた。

やはり、住宅は人が住むことによって育っていくのだ。住めば住むほど、住人の色に建築が染まっていく、そんな空間だった。


染付の半筒猪口が入荷しました

ovest designのウェブショップに染付の半筒猪口が入荷しました。

青みがかった地肌に格子文が描かれ、菊の紋様が大胆な筆遣いで描かれています。

高台に欠けがありますが、その他目立つ欠けや割れなどもなく良好なコンディションです。

掌にすっぽりと収まる感じもちょうどよく、日々の湯呑として、またお酒を嗜む器としていかがでしょうか。

 


祝!50kg!

病気をしてから、「痩せたね〜」とか、「しっかり食べや」などと言われることが多くなった。

事実、手術前には58kgあった体重も、退院時は45kgまで減ってしまった。ガリガリになった自分の身体を鏡で見て、やるせなくなったものである。

しかし、実は病気のせいで痩せたというよりも、TSH抑制療法という治療法の為に痩せたのである。

甲状腺の機能は、甲状腺ホルモンを分泌するのが主な役目であるが、この甲状腺ホルモンは甲状腺を刺激してホルモンを分泌させる。甲状腺のがんも甲状腺を刺激させることで活発になるので、身体の中を甲状腺ホルモンで満たすことによって、甲状腺に「甲状腺ホルモンがいっぱいあるから、甲状腺を刺激しなくてもいいんだ」と勘違いさせ、甲状腺がんの働きを抑えるのだ。ところが、甲状腺ホルモンの分泌量が増えると(僕の場合は甲状腺を全摘したので、甲状腺ホルモンは薬で補っているのだが)、新陳代謝が活発になり、結果痩せてしまう。だから、いくら食べてもどんどん消費してしまうので、太りたくても太らない状況になる。

退院して4年半、最近になって顔が丸くなってきた気がしてたので、久しぶりに体重計に乗ってみると、なんと目標の50kgを超えていた!ジーザス!!

いくら不摂生をしても太れなかったので、身体が薬に順応してきたのかもしれない。

ともあれ、少しずつ元の体に戻ってきているのは嬉しい限り。

次は60kgを目指したい。


古着のススメ

地元の茨木に「お宝屋」というリサイクルショップがある。

フィギュアやゲームソフト、マンガや古着などを置いていて、どちらかと言えばマニアックな品揃えであるが、見ているだけでおもしろい。

僕は基本的に服はこのお宝屋で古着を買っている。古着のよいところは、

.屮薀鵐匹發里安く買える。

お宝屋で扱っている古着はほとんどブランドもの。基本的にブランドものじゃないと売れないから、ブランドもの以外の服はほとんど買い取っていない。

⊃びたり縮んだりする恐れがない。

古着なので、何度か洗濯されている。新品でハズレを引くと伸びたり縮んだりする可能性があるが、古着はそれ以上伸び縮みする可能性が少ない。

7,蟒个景を見つける楽しさがある。

古着は行ってみないとどんなものがあるかわからない。しかも、自分に合うサイズがあるとは限らない。古着探しはまさに宝探しのような楽しさがある。

の行に左右されない。

古着だから流行のものはない。逆に自分が気に入ったものであれば飽きずに着られる。

ニ阿たらメルカリで売れる。

古着と言えどブランドものなので、飽きたらメルカリで売れる。

僕の場合は、どんな服でも2000円以内で買うことにしている。あとは、自分に似合っていること。

今日はピーコート風のブルゾンを1400円で、バーバリー風のシャツを600円でゲット!

よい買い物でした。


染付の蕎麦猪口が入荷しました

ovest designのウェブショップに染付の蕎麦猪口が入荷しました。

蕎麦猪口としては定番の格子文で、シンプルな佇まいが食卓に映えます。

時代は江戸後期〜明治頃のものと思われますが、割れや欠けなどなく良好なコンディションです。

蕎麦猪口としてはもちろん、湯呑やお酒を嗜む器としてもお愉しみいただけます。


| 1/73PAGES | >>

categories

archives

recent comment

others